日本での人探しの方法

Skip Tracing

人探しでトラブルをかかえていますか?

債権回収財産分与文書送達債務不履行の夫探し、失踪した家族の問題等で、所在調査の必要があるかもしれません。

日本での人探しは難しいです。

その理由は以下の通りです。

  • 日本では厳しいプライバシー保護ポリシーがありません。
  • また、日本政府は、民事事件を法的にサポートする十分な方針がありません。

日本に住む外国人を探す場合、更に難易度が高くなります。

その理由は、外国人のための市民登録制度が整備されていないからです。

そのため、日本に住んでいるる外国人の所在調査、日本人の調査より困難です。

人探しは自分でできるか

自分できる人探しの方法としては以下のことがあります。

公開情報の閲覧

オンライン上で有名な人物であれば、あなたは、 Facebook などのソーシャルメディアアカウントで彼らを探すことができます。その情報で、あなたは、彼らのおおよその住所や勤務先を知ることができます。

しかし日本では、世界中の個人情報を収集しているLexisNexisやTLO、その他の個人住所や電話番号を簡単に検索できるデータベースシステムは一切ありません。

日本の厳しいプライバシー保護制度のために、個人情報を販売するデータベース会社は、合法的に営業することができません。

唯一の例外は、電話帳、会社や不動産の登記簿です。日本では、これは、一般人がアクセスできる公開情報です。

電話帳で人を探すことができます。しかし、日本で、電話帳に掲載している人物は全人口の5%以下です。

あなたがよほどラッキーでなければ、あなたは電話帳での人探しに成功できません。

対象者が、日本法人の代表者なら、あなたは、会社の登記簿で彼らの住所をみつけることができます。

日本の会社登記簿は、半公開情報です。あなたは、地元の法務局を訪問して登記簿を取得することができます。また、あなたは登記簿のデータベースに会員登録し、料金を支払うと、会社の登記簿を取得することができます。

探偵を雇う理由

上記の例外を除き、本当に日本で人探しを成功させたいなら、探偵に頼む方法があります。

我々は様々な方法で所在調査を成功させることができます。

  • オープンソースリサーチ
  • ディープウエブ(業務用会員制データベース)リサーチ
  • 秘密情報ソース照会
  • 第三者開示請求
  • 偽装工作取材

以下のような手がかりから所在調査を成功させることができます。

  • 氏名+生年月日+地域 –> 住所
  • 氏名+地域 —> 住所
  • 氏名+生年月日 –> 住所
  • 氏名+前住所 –> 新住所
  • 氏名+勤務先 –> 現住所
  • 氏名+電話番号 –> 住所
  • 車両番号 –> 氏名+住所
  • 銀行口座 –> 氏名+住所
  • 写真+訪問先情報 –> 住所
  • 電子メールアドレス –> 位置情報
  • LINE等のSNSアカウント –> 位置情報

所在調査が必要な場合、ぜひ、Japan PIにお問い合わせください。

Click on the appropriate button to Search for a Person in Japan.

Scroll to Top