家出調査:探偵が行う調査方法とかかる費用

Japan PI >> ブログ >> 人探し >> 現在のページ
Runaway Investigation

家出の原因は様々なことが挙げられます。家出人や失踪者を探す家出調査の方法を個人と探偵の視点から紹介しています。また、探偵に依頼する際の費用も参考にしてみてください。

家出調査とは

家出調査(Runaway Investigation)は、失踪または家出した人物を見つけ、安否を確認するための調査活動を指します。一般的には、未成年者の家出が一般的ですが、成人でも家族に無断で家出する場合があります。

自分でできる家出人の探し方

家出人を探すために、以下の3つの方法を自分で試すことができます:

ソーシャルメディアの利用

家出人がソーシャルメディアを利用している可能性が高いです。家出人のアカウントやプロフィールを探し、最後に投稿した情報や友人リストをチェックしてみましょう。また、家出人が連絡を取りたいと思うかもしれない友人や親しい人々にメッセージを送って情報を集めることも考えられます。ただし、家出人のプライバシーを尊重し、不適切な行動を避けるようにしましょう。

友人や知人の協力

家出人の友人や知人に連絡を取り、家出人の情報や行動の手がかりを得ることができます。家出人がどこに行くかや、誰と連絡を取るかについての情報が友人や知人から得られる場合があります。ただし、他人のプライバシーを尊重し、法的な手続きに関するアドバイスを専門家から受けることが大切です。

家出人の足跡の追跡

家出人の足跡を追跡し、可能な限りの情報を収集します。これには以下の方法が含まれます:

家出人の部屋や荷物を調べる

家出人の部屋から出ていった痕跡や持ち物をチェックし、何か手がかりを見つけるかもしれません。

電話記録の確認

家出人の携帯電話や通信履歴を調べ、最後の通話相手やメッセージを確認します。

銀行取引履歴やクレジットカード履歴の確認

家出人の銀行口座の取引履歴をチェックし、引き出しや支払いの履歴から情報を収集します。

探偵による調査方法

探偵による家出人の調査は、専門的な知識と技術を駆使して行われます。以下は、探偵が家出人を調査する際に使用する一般的な手法です。

情報収集とプロファイリング

探偵はまず、家出人に関する情報を収集します。これには家出人の写真、詳細な身体的特徴、過去の行動パターン、友人や知人の情報などが含まれます。この情報をもとに、家出人の行動と心理的な傾向を理解し、調査計画を立てます。

ソーシャルメディア監視

家出人はソーシャルメディアを活用することが多いため、探偵は家出人のソーシャルメディアアカウントを監視します。最近の投稿や連絡相手、位置情報などから、家出人の現在の場所や状態に関する手がかりを得ます。

連絡情報の追跡

家出人の電話記録や通信履歴を調査し、最後の通話相手やメッセージを特定します。これにより、家出人との最後の接触情報を把握し、追跡の出発点を得ます。

聞き込みや現地確認

探偵は、家出人がどこに滞在しているかを特定するためにフィールドワークを実施します。これには、家出人の通常の行動範囲や可能な隠れ場所を訪れることが含まれます。また、家出人の友人や知人との連絡を取り、情報を得ることもあります。

証拠収集

家出人が見つかった場合、探偵は証拠を収集します。写真やビデオの撮影、証言の記録などが含まれます。これにより、家出人の安全性を確保し、調査の結果を裏付ける材料を提供します。

家族や関係者との連絡

家出人が見つかった場合、探偵は家族や関係者と連絡を取り、家出人との再会を調整し、その後のサポートやアフターケアを提供します。

家出人捜索に探偵がおすすめな理由

以下のような状況なら、探偵を雇うのがおすすめです。

  • 潜伏してい可能性のある知人宅や、立ち寄りそうな場所(パチンコ店、ネットカフェ、キャバクラ等)の想定があって、そこを探偵に張り込ませれば解決しそうな案件
  • 対象者が接触する可能性の高い知人を尾行すれば対象者の所在が割り出せそうな案件
  • ソーシャルメディアの投稿が継続しており、投稿された画像や記事内容から所在が割だ出せそうな案件

ただし、探偵は、警察と違って、戸外のセキュリティカメラの映像も、携帯電話の位置情報や通話履歴、キャッシュカードやクレジットカードの履歴等にアクセスできるわけではありません。その意味で、上述したような手がかりが全くない案件では、探偵を雇ってもあまり意味はありません。気休めで、最低稼働単位(6時間とか8時間)の調査だけ依頼するという考え方もありますが、手がかりが乏しい案件では、期待しない方がいいと思います。

探偵の家出調査にかかる費用相場

探偵の家出調査にかかる費用は、10万円から150万円程度です。ケースバイケースで料金も千差万別です。

様々な要因に依存します。一般的な費用相場を考えるために以下の要因を考慮することが重要です。

調査の範囲と難易度

調査の範囲や難易度が高いほど、費用は高くなります。たとえば、国際的な調査や高度な技術が必要な場合は、追加の費用がかかることがあります。

調査の期間

調査の期間が長いほど、費用も増加する傾向があります。短期間での調査は通常、費用が低くなります。

人数とリソース

調査に参加する探偵の人数や必要なリソース(車両、通信機器、監視機材など)に応じて、費用が変動します。

地域

地域によって調査費用が異なることがあります。都市部や交通の便の良い地域での調査は通常、費用が高くなります。

探偵の経験と評判

経験豊富な探偵や評判の良い探偵事務所は、通常、他の探偵よりも高めの料金を設定することがあります。

家出が見つかる確率は?

探偵に家出人の捜索を依頼した場合、家出が見つかる確率はいくつかの要因に依存します。

情報の提供

家出人に関するできるだけ詳細な情報を提供することが重要です。名前、写真、身体的特徴、過去の行動パターン、友人や知人の情報など、どんな情報でも探偵の捜索に役立つ可能性があります。

調査のスピード

家出人の捜索は早急に行うことが重要です。時間が経過すると、家出人が場所を変えたり、情報を隠す可能性が高まります。迅速な対応が見つかる確率を高めます。

探偵の経験と専門知識

経験豊富な探偵や家出人捜索の専門家は、効果的な調査戦略を立て、証拠を収集する能力が高いです。信頼性のある探偵を選ぶことが大切です。

協力

家族や関係者、警察など他の関係者と協力することが、家出人の捜索に役立ちます。情報の共有と連携は成功の鍵です。

技術とリソース

探偵が最新の技術やリソースを活用できるかどうかも重要です。GPS追跡、ソーシャルメディア監視、データベース検索などのテクノロジーは、家出人の捜索に役立つことがあります。

家出人の状況

家出人の個別の状況や動機に応じて、捜索の難易度が異なります。家出人が自身を隠す意図がある場合や他の地域に移動している場合、見つかる確率が低くなることがあります。

確率は個々のケースに依存し、保証されるものではありません。ただし、探偵によるプロのアプローチは、家出人の捜索を最適化し、成功率を高めるのに役立ちます。探偵と協力して、家出人の安全を確保し、問題の解決に向けて努力することが大切です。

家出の原因を把握して再発を防ぐ

家出の原因を把握し、再発を防ぐ方法は重要です。以下は、そのためのアプローチと方法です:

コミュニケーション

家出人とオープンで対話を持つことが重要です。家出の原因や感情について話し合い、理解しようとする姿勢が必要です。家出人が安心して自分の気持ちを表現できる環境を提供しましょう。

専門家の協力

家出の背後にはさまざまな問題が潜んでいることがあります。心理カウンセラーや精神保健専門家の協力を受けることで、家出の原因を深堀りし、適切な支援を受けられるかもしれません。

家庭環境の改善

家庭内の問題や環境が家出の原因である場合、改善策を検討しましょう。家族関係の修復や、家庭内のストレス要因の軽減が必要かもしれません。

学業や職業のサポート

学業や職業に関連する問題が家出の原因である場合、サポートを提供しましょう。学業の成功や職業の安定が再発を防ぐ要因となります。

安全ネットワークの構築

家出人が再び危険な状況に置かれないよう、安全ネットワークを構築しましょう。信頼できる友人、家族、専門家、地域の支援機関と連携し、サポート体制を整えます。

自己肯定感の強化

家出人の自己肯定感を高める活動やプログラムに参加させることが役立ちます。自信を持ち、将来に対する希望を持つことが再発を防ぐ一因になります。

家出の予兆に注意

家出の兆候を見逃さないようにしましょう。変化した行動や態度、コミュニケーションの減少などがあれば、早期に対処しましょう。

家族全体の協力

家出の再発を防ぐためには、家族全体で協力し、問題の解決に向けて取り組むことが大切です。家族の一体感とサポートが再発を防ぐ力となります。

家出の原因は個人によって異なりますが、理解とサポートが再発を防ぐのに役立ちます。必要に応じて専門家の助言を受けつつ、家出人との信頼関係を築くことが大切です。

まとめ

家出調査は、失踪または家出した人物を見つけて安否を確認する調査活動です。これは一般的に未成年者の家出に多く見られますが、成人の場合もあります。自分で家出人を探す方法として、ソーシャルメディアの活用、友人や知人の協力、家出人の足跡の追跡があります。これには、家出人の部屋や荷物の調査、電話記録の確認、銀行取引履歴やクレジットカード履歴の確認などが含まれます。

探偵による調査方法は、情報収集とプロファイリング、ソーシャルメディアの監視、連絡情報の追跡、聞き込みや現地確認、証拠収集、家族や関係者との連絡に焦点を当てています。探偵を雇う理由は、特定の場所での張り込みや尾行、ソーシャルメディアの投稿分析などが挙げられますが、探偵は警察のように広範囲の情報アクセス権限を持っていません。探偵の家出調査の費用は10万円から150万円程度で、調査の範囲、難易度、期間、人数、リソース、地域、探偵の経験と評判によって異なります。

家出人の捜索成功率は、提供される情報の詳細度、調査のスピード、探偵の経験と専門知識、他の関係者との協力、使用される技術とリソース、家出人の状況に依存します。家出の原因を理解し再発を防ぐには、コミュニケーション、専門家の協力、家庭環境の改善、学業や職業のサポート、安全ネットワークの構築、自己肯定感の強化、家出の予兆への注意、家族全体の協力が重要です。

関連する記事

人探しの専門家による調査が必要ですか?Japan PIにお任せください

上部へスクロール
Scroll to Top