人探し探偵

by Japan PI

探偵の人探しの分類

人探しには以下のカテゴリーがあります。カテゴリーによって人探しの方法が変わります。

  • 音信普通の家族や相続人の人探し
  • 債務者の人探し
  • 子供の家出人の人探し
  • 配偶者の家出人の人探し
  • 初恋の人・昔の知人の人探し
  • ストーカーやDV被害者の人探し

 人探しでは、探偵業者が、ストーカーやDV加害者等の暴力犯罪者から調査依頼を受けてしまうことがあります。また、捜索された側が昔の知人とのコンタクトを好まない場合もあります。したがって、トラブルが予想される案件では、当社が調査対象者へ先にコンタクトを取り、連絡先を依頼者に通知する許可を得る形式で受注します。

 

Locating people

法的な調査理由がある案件

家族や相続人の人探しは法的な調査理由があります。従って戸籍謄本や住民票などの政府の市民登録システムの照会ができます

債務者の人探しではやはり法的な調査理由があります。従って戸籍謄本や住民票などの政府の市民登録システムの照会ができます。しかし、住民登録をしていない住所に潜伏している債務者もあります。

この場合は調査員は、立寄先を張込みしたり、知人への聞き込みをしたりします。日本では、合法的に公私の団体が保有するデータの第三者開示請求をする方法は、弁護士照会しかありません。ただし、弁護士照会はお手軽な方法ではありません。

 

家出人や失踪者の所在

子供の家出人の場合、子供が両親の名義の携帯電話・銀行口座・クレジットカードを使用している場合があります。この場合は両親がそれらの履歴を取得することができます。もしそうでない場合は、弁護士照会を試すしかありません。そうしたデータに頼らず、現地調査や聞き込みだけで解決できる案件もあります。

配偶者の家出や失踪の場合、残された携帯電話やPC のロックを解除したり、データ復元を行ことができます。その他に、弁護士照会で、携帯電話や銀行口座やクレジットカードの履歴の開示請求ができる場合があります。探偵調査員は、立寄る先での張り込みをしたり知人や友人への聞き込みをします。

このカテゴリは依頼者が DV加害者である場合もあります。こうした案件を受任すると探偵が大きなトラブルに巻き込まれます。

友人や知人との再会

 

初恋の人や昔の友人を探す場合、法的な調査理由がありません。この場合は戸籍謄本や住民票などの照会ができません。古い電話帳、古い住宅地図、不動産屋商業登記のデータベース、古い関係先への取材などで調査を進めます。

しかし、このカテゴリーはストーカー加害者が依頼する可能性があります。探偵はストーカー依頼者の依頼を受けると大きなトラブルに巻き込まれます。数十年前の知人を探すならまだしも、最近別れた元恋人を探す案件は、探偵業者は受注を慎重に審査するしかありません。

行方不明の人探し・所在調査

日本での人探しは非常に難しいタスクです。言語や文化の違いもありますが、 日本のプライバシー法は非常に厳格です。 更に、日本は時代遅れのシステムを使っていて、住民登録のシステムに欠陥があります。その結果、日本での人探しは非常に時間と手間がかかり、料金もだんだん高額化しています。

その事をご了承いただき、ご相談ください。

人探しの分類

—  詳細はアイコンをクリック —

 

親族調査

生き別れた親族や相続人の人探し

失踪調査

家出した子供や配偶者の人探し

知人探し

昔の知人や友人との再会。

料金目安

具体的なお見積もりはお問い合わせください。

親族調査
¥ 50,000 から ¥ 150,000
失踪調査
¥ 150,000 から
知人探し
¥ 50,000 から ¥ 150,000

プライバシーの問題が高まり、昔の友人を探すのも難しい時代になったのですね。御社のように低料金で人探しのサービスを代行している会社があると本当に助かります。がんばってください。

宮城県 50代 男性 

専門家に相談する

お問合せ電話する