探偵による人探し:調査方法と料金​

by Japan PI

人探しは、ご依頼の理由や、対象者に関する情報の質と量、調査期間などによって、使用できる手法や料金が異なります。他探偵・興信所のJapan PIでは、過去の成功例や費用、調査手法などの実例を開示しながら、ご相談に応じることができます。なお、生き別れの親族探しについては、こちらのページをご覧ください。

人探しは、大きく2つの種類に分類できます。いずれのタイプでも調査が可能です。

素行調査で街中に立つ男性

人探し調査の2つのタイプ

人探し依頼の中には探偵業者または興信所が、ストーカーやDV加害者である方から調査依頼を受けてしまい、一種の犯罪に加担してしまうこともあります。また、捜索された側が昔の知人とのコンタクトを好まない例も少なくありません。

タイプ1:昔の友人や知人の現状を知りたい

年月の経過や、連絡先の紛失などによって、自然と繋がりが断たれてしまったパターンです。この場合、対象者が故意に居場所を隠しているわけではないため、問題なくお引き受けすることが可能です。

  • 音信不通の友人・知人探し
  • 初恋の人探し
  • 知人・親族の安否確認

ただし、上記のような人探しは、法的な根拠がないため、戸籍や住民票などの照会はできません。過去の電話帳、住宅地図、不動産屋商業登記のデータベース、関係先への取材などで調査を進めていきます。

タイプ2:家出人や失踪者の所在を知りたい

家出人や失踪者は、自らの意志で居場所を隠していることが多く、捜索は非常に難しくなります。また、ストーカーやDVの被害者など、居場所を突き止めることが倫理的に相応しくないと判断した場合は、ご依頼をお断りする可能性もあります。
 
  • 子供・配偶者の家出人の人探し
  • 事件に巻き込まれた可能性のある人探し
  • 債務者・相続人の人探し
これらのケースでは、法的な根拠に基づいて、戸籍謄本や住民票などの役所の市民登録システムにも情報開示請求が可能になる場合があります。しかし、自らの意志で潜伏している人物の場合、住民登録をしている可能性は低く、調査が難しいことには変わりありません。
本の上に置かれたペンと虫眼鏡

プロの探偵だからできる調査

初恋の人や昔の友人を探す場合、その動機自体は法的な調査理由として十分ではありません。戸籍謄本や住民票などの照会は今のシステムでは不可能であるため、過去の電話帳、住宅地図、不動産屋商業登記のデータベース、昔の関係先への取材などで調査を進めていきます。

興信所の人探しに必要な手がかり

日本のプライバシー法は非常に厳格で、情報不足のため調査が困難になるケースがあります。そのため、依頼主様からいただける情報が、調査の生命線となります。パソコンなどが残されていれば、データの復元が可能な場合があります。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 携帯電話番号
  • 勤務先
  • 実家や前住所(地域のみでも可)
  • 車両番号
  • 出身校
  • 銀行口座
  • 写真
  • メールアドレス
  • SNSのアカウント
  • 残されたPC、カードなど

Japan PIが選ばれる理由

Japan PIでは、以下のように様々な調査手法を採用しています。これらの手法によって、氏名と生年月日、氏名と電話番号などの組み合わせから、住所が判明する場合があります。

  • オープンソースリサーチ(電話帳、住宅地図、不動産・商業登記簿謄本など
  • ディープウェブ(業務用会員制データベース)リサーチ
  • 秘密情報ソース照会
  • 偽装工作取材
  • 第三者開示請求
  • 張り込み・聞き込み調査

弁護士照会を行うことで、携帯電話や銀行口座やクレジットカード履歴の開示請求ができる場合があります。子供の家出人で、両親名義の携帯電話・銀行口座・クレジットカードを使用している場合、両親自身が履歴を取得することができるため、調査が比較的スムーズに進みます。

行動範囲が判明したら、立ち寄る可能性が高い場所で、張り込みや聞き込み調査を行います。

子供の家出人の場合、子供が両親の名義の携帯電話・銀行口座・クレジットカードを使用している場合があります。この場合は両親がそれらの履歴を取得することができます。もしそうでない場合は、弁護士照会を試すしかありません。そうしたデータに頼らず、現地調査や聞き込みだけで解決できる案件もあります。

人探し調査の事例

過去にJapan PIが依頼を受けた内容をもとに、調査の事例を紹介しています。依頼者と対象者のプロフィール、依頼内容、調査結果のほか、実際の料金も公開しています。

事例集の人探し調査の事例をご覧ください。

人探し調査の料金

日本における人探しは、プライバシー法の厳格化にしたがって、業界全体で見ても料金が上昇傾向にあります。対象者の情報が分かっていればいるほど、調査がスムーズに進むため、費用も抑えることができます。

ご相談の際に、事情をしっかりとお聞きした上でお見積もりをさせていただきます。参考となる料金目安は、こちらの料金ページをご確認ください。

人探し調査のカテゴリー

海外浮気旅行の証拠。外国在住所の交際相手や取引相手の身辺調査。

昔の知人や友人との再会

音信不通の家族、相続人との再会

写真フレームの中の男性のアイコン

子供や配偶者など家出人との再会

強制執行の為の隠し資産の調査、銀行口座、不動産の判明等。

遠く離れた知人・親戚の生存確認

よくある質問

見積は無料です。ただし、過去に実績のない特殊なケースとなる場合、下準備が必要となり、費用が発生する可能性もございます。その場合は、事前に費用が発生する旨をお伝えします。

実地での行動調査等において、追跡のために新幹線や飛行機を利用する場合があります。そのような経費が高額となるケースでは、ご依頼者様にご連絡を差し上げ、「調査続行」「調査中断」などのご判断をしていただきます。

Japan PIはバイリンガル探偵社として、様々な国の現地調査機関とのコネクションがあり、既に出国している人物に関する調査依頼にも対応しております。海外での探偵サービス詳細は、海外調査概要をご確認ください。

氏名・生年月日・写真など基本的な情報が揃っているのが理想ではありますが、Japan PIにはこれまで国内外の多数の案件で取り扱ってきたデータやノウハウが蓄積されており、他探偵事務所では困難な調査方法をご提案できる可能性があります。ぜひ一度お気軽にご相談ください。

プライバシーの問題が高まり、昔の友人を探すのも難しい時代になったのですね。御社のように低料金で人探しのサービスを代行している会社があると本当に助かります。がんばってください。
宮城県 50代 男性 

まずは無料でご相談:Japan PI の人探し

Japan PI
東京都公安委員会 探偵業届出証明番号 30160155号
大阪府公安委員会 探偵業届出証明番号 62161286号

一般社団法人 日本調査業協会会員・一般社団法人 東京都調査業協会会
一般社団法人 全国調査業協会連合会会員・一般社団法人 関西総合調査業協会会員
国際調査協議会(CII)会員・世界探偵協会 (WAD) 会員

Scroll to Top