探偵による人探しの種類や料金形態について

by Japan PI


探偵や興信所が依頼を受ける中でもっとも多い依頼の一つがこの人探しです。

人探しは基本的に所在が分からなくなった個人の情報(住居・住所等)を探し出すことです。探偵事務所によっては、親族調査や知人探し、思い出の人探しなどと表記されることもあります。

人探しといっても状況や依頼人の関係性などによって様々な種類に分けることができ、それによって使用できる手法や、期間、料金も異なってきます。

人探し案件の種類

弊社では以下のような人探しのご依頼に対応できます。

  • 音信不通の家族や相続人の人探し
  • 債務者の人探し
  • 子供の家出人の人探し
  • 配偶者の家出人の人探し
  • 初恋の人・昔の知人の人探し
  • ストーカーやDV被害者の人探し
  • その他

人探し依頼の中には探偵業者または興信所が、ストーカーやDV加害者である方から調査依頼を受けてしまい、一種の犯罪に加担してしまうこともあります。また、捜索された側が昔の知人とのコンタクトを好まない例も少なくありません。
事前にヒアリングをしっかりと行い、トラブルが予想される案件では当社が調査対象者へ先にコンタクトを取らせていただく場合があります。その場合、連絡先を依頼者に通知する許可を対象者から得ることになります。

過去に依頼の多かった案件における調査プロセスをご紹介します。

人探し依頼の中には探偵業者または興信所が、ストーカーやDV加害者である方から調査依頼を受けてしまい、一種の犯罪に加担してしまうこともあります。また、捜索された側が昔の知人とのコンタクトを好まない例も少なくありません。
家族や相続人の人探しは法的な調査理由としての扱いが可能になります。法的な調査ができるため、戸籍謄本や住民票などの役所の市民登録システムに情報開示請求が可能となります。

法的な調査理由がある案件

家族や相続人の人探しは法的な調査理由としての扱いが可能になります。法的な調査ができるため、戸籍謄本や住民票などの役所の市民登録システムに情報開示請求が可能となります。

債務者の人探しも同じく法的な調査理由として扱うことができます。情報請求でデータを取得することは可能ですが、債務者が住民登録をしていない住所に潜伏している場合も多くあります。

この場合、立寄先と思われる場所で張込みをしたり、知人への聞き込み等の調査を行います。日本では、公私団体が保有するデータの第三者開示請求をするには弁護士照会しかありません。しかし弁護士照会はお手軽な方法ではないことも事実です。

家出人や失踪者の所在

子供の家出人の場合、対象人物が両親名義の携帯電話・銀行口座・クレジットカードを使用している場合があります。この場合、両親自身が履歴を取得することができ調査が比較的スムーズに進みます。現地調査や聞き込みだけで解決できる案件もあります、それが不可能な場合は、弁護士照会を念頭に依頼を受けさせていただきます。

配偶者の家出・失踪の場合、まず残された情報から出来るだけデータを取得することを試みます。(パソコンなどが残されている場合、ロックを解除することでデータの復元が可能になります。)それ以外では弁護士照会で携帯電話や銀行口座やクレジットカードの履歴の開示請求ができる場合があるので、そこで判明した情報から立ち寄ると考えられる場所で張り込みや聞き込み調査を行います。

しかしこの種類の依頼は依頼者が DV加害者である場合もあります。こうした案件を受任すると探偵が大きなトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、ご依頼時にしっかりとヒアリングを行い判断させていただきます。

 

子供の家出人の場合、子供が両親の名義の携帯電話・銀行口座・クレジットカードを使用している場合があります。この場合は両親がそれらの履歴を取得することができます。もしそうでない場合は、弁護士照会を試すしかありません。そうしたデータに頼らず、現地調査や聞き込みだけで解決できる案件もあります。
初恋の人や昔の友人を探す場合、その動機自体は法的な調査理由として十分ではありません。戸籍謄本や住民票などの照会は今のシステムでは不可能であるため、過去の電話帳、住宅地図、不動産屋商業登記のデータベース、昔の関係先への取材などで調査を進めていきます。

友人や知人との再会

初恋の人や昔の友人を探す場合、その動機自体は法的な調査理由として十分ではありません。戸籍謄本や住民票などの照会は今のシステムでは不可能であるため、過去の電話帳、住宅地図、不動産屋商業登記のデータベース、昔の関係先への取材などで調査を進めていきます。

このような案件でも依頼者がストーカー加害者である場合があり、探偵自身がストーカー行為に加担してしまうことになりかねません。数十年前の知人を探すならまだしも、最近別れた元恋人を探す等の案件は、慎重に動機などを聞かせていただいています。

行方不明の人探し・所在調査案件

情報が少ない中での日本における人探しは非常に難易度が高いです。日本のプライバシー法は非常に厳格で、役所で使用されているシステムも古いことが多く、調査が困難になるケースもよくあります。その結果、日本での人探しは非常に時間と手間がかかり、料金もだんだん高額化しています。

弊社はそういった料金相場や成功例などの実例を開示しながら、親身に相談にのらせていただきます。

人探しの分類

昔の知人や友人との再会。

昔の知人や友人との再会。

昔の知人や友人との再会。

人探し案件の料金や費用

人探しは、事前に依頼者から提供される情報の量や質、案件の種類によって値段の相場が変わってきます。
対象となる人の生年月日などの個人情報が分かっていればいるほど、比較的探しやすくなってきます。
相談の際に、事情をしっかりと聞きながら料金についてお見積もりさせていただきます。参考となる料金目安は以下の通りです。

プライバシーの問題が高まり、昔の友人を探すのも難しい時代になったのですね。御社のように低料金で人探しのサービスを代行している会社があると本当に助かります。がんばってください。
宮城県 50代 男性 

よくある質問

弊社で過去に実績のある調査内容に関しては、大まかな料金を無料でお伝えできます。依頼内容が特殊なケースまたは、過去に実績のない調査内容になると、下準備が必要となり手数料をいただく可能性もございます。どちらのケースにおいても、事前にご依頼者様に確認を取りながら双方にとって最良の方法を選択します。

追跡のために新幹線や飛行機を利用する場合など、高額な経費が発生し得る状況になった場合、ご依頼者様にご連絡を差し上げ、「調査続行」「調査中断」などのご判断をしていただきます。

弊社は様々な国の現地調査機関とのコネクションがあり、既に出国している人物に関する調査依頼にも対応しております。海外での探偵サービス詳細はこちらのページをご確認ください。

https://www.japanpi.com/ja/overseas-investigations/

氏名・生年月日・写真など基本的な情報が揃っているのが理想ではありますが、弊社にはこれまで国内外の多数の案件で取り扱ってきたデータやノウハウが蓄積されています。こういった強みを活かして、他探偵事務所では困難な調査方法をご提案できる可能性があります。ぜひ一度お気軽にご相談ください。

専門家に相談する

Scroll to Top