人探し探偵

by Japan PI

探偵の人探しの方法

人探しには以下のカテゴリーがあります。カテゴリーによって人探しの方法が変わります。

  • 音信普通の家族や相続人の人探し
  • 債務者の人探し
  • 子供の家出人の人探し
  • 配偶者の家出人の人探し
  • 初恋の人・昔の知人の人探し
  • ストーカーやDV被害者の人探し

家族や相続人の人探しは法的な調査理由があります従って戸籍謄本や住民票などの政府の市民登録システムの照会ができます

債務者の人探しではやはり法的な調査理由があります。従って戸籍謄本や住民票などの政府の市民登録システムの照会ができます。しかし、住民登録をしていない住所に潜伏している債務者もあります。

この場合は調査員は、立寄先を張込みしたり、知人への聞き込みをしたりします。日本では、合法的に公私の団体が保有するデータの第三者開示請求をする方法は、弁護士照会しかありません。ただし、弁護士照会はお手軽な方法ではありません。

子供の家出人の場合、子供が両親の名義の携帯電話・銀行口座・クレジットカードを使用している場合があります。この場合は両親がそれらの履歴を取得することができます。もしそうでない場合は、弁護士照会を試すしかありません。そうしたデータに頼らず、現地調査や聞き込みだけで解決できる案件もあります。

配偶者の家出や失踪の場合、残された携帯電話や PC のロックを解除したりデータ復元を行ことができます。その他に、弁護士照会で、携帯電話や銀行口座やクレジットカードの履歴の開示請求ができる場合があります。探偵調査員は、立寄る先での張り込みをしたり知人や友人への聞き込みをします。

このカテゴリは依頼者が DV加害者である場合もあります。こうした案件を受任すると探偵が大きなトラブルに巻き込まれます。

初恋の人や昔の友人を探す場合、法的な調査理由がありません。この場合は戸籍謄本や住民票などの照会ができません。古い電話帳、古い住宅地図、不動産屋商業登記のデータベース、古い関係先への取材などで調査を進めます。

しかし、このカテゴリはストーカー加害者が依頼する可能性があります。探偵はストーカー依頼者の依頼を受けると大きなトラブルに巻き込まれます。数十年前の知人を探すならまだしも、数年前の元恋人を探す案件は危険です。

行方不明の人探し・所在調査

日本での人探しは非常に難しいタスクです。言語や文化の違いもありますが、 日本のプライバシー法は非常に厳格です。 更に、日本は時代遅れのシステムを使っていて、住民登録のシステムに欠陥があります。その結果、日本での人探しは非常に時間と手間がかかり、料金もだんだん高額化しています。

その事をご了承いただき、ご相談ください。

ご注意: 日本での生き分かれた親族や相続人の捜索でしたら、こちらをご参照ください.

Locating people
Missing person

行方不明者捜索 (家出人、失踪者)

家出人や失踪者を捜索する調査項目です。こうした調査での主要な手がかりは以下の通りです。

  • 電話の発信履歴 (行方不明前とその後)
  • 銀行口座やクレジットカードの履歴
  • PCの履歴 (email、ネット履歴)
  • 残留物
  • 日記、メモ、手紙、年賀状、ごみ、レシート等

当社が力になります。

当社は、こうした調査の実績を豊富に持っています。当社が、手がかりの洗い出し、データベースでの情報収集、そして、関係者への聞き込み等を組み合わせ行方不明者をみつけます。

  • 家出人、家族の失踪
  • 逃走犯
  • 未成年者の家出
  • 債務不履行の逃亡者

人探し料金

  • 断片的な手がかりから住所の判明

  • サービス 前住所から転居先
    料金(期間) レベル1:49,900円(7営業日)
    レベル2:99,900円(15営業日)
    レベル3:149,900円(21営業日)
    内容 原則、調査理由の法的な疎明資料が必要です。 レベル1は、前住所からの転居が5年未満の場合です。 レベル2は、前住所からの転居時期が5年以上で、戸籍の付票の追跡が可能な場合や、生年月日に関連する登録等から現住所を判明させる場合です。 レベル3は、前住所の転居時期が5年以上で、その他の手がかりが乏しく、初動調査の聞き込みやリサーチで本籍と思われる情報やその他の個人情報を判明させる必要がある場合です。


プライバシーの問題が高まり、昔の友人を探すのも難しい時代になったのですね。御社のように低料金で人探しのサービスを代行している会社があると本当に助かります。がんばってください。 宮城県 50代 男性 

専門家に問い合せる

問い合わせ電話する