訴訟の為の興信所調査

Services by Japan PI

訴訟相手の興信所調査

訴訟相手や慰謝料請求相手への情報収集でお困りではないでしょうか? 

Japan PIでは、国内の調査はもちろん、海外や外国人に関係する案件まで、一括対応が可能です。 

わずかな手掛かりから、対象者の身辺調査を行い、訴訟や法的手続きをアシストします。 

公開情報分析、関係者への取材、行動調査、覆面取材、監視カメラによる証拠収集、デジタルフォレンジックまで、様々な調査手法を駆使して、法的手続きで必要な情報収集や証拠収集を手助けします。

We perform in-depth background checks and criminal background checks for our clients in order to help them achieve legal, professional or personal safety and security.
Japan PI provides a comprehensive report on an individual including

最適な調査方法をアドバイス

Japan PIでは、以下のサービスを提供しております。

  • 法的手続きの相手方(交通事故加害者等)
    債務者の給与差し押さえ
  • 養育費を支払わない元配偶者の給与差し押さ
  • 交際相手や配偶者の浮気相手への慰謝料請求等
    信用度の確認
  • 元従業員の動向
    交際相手の信用確認
  • 取引相手や事業パートナーの信用確認

身辺調査の料金

  • 住所特定調査 5万円から20万円

    氏名・生年月日・およその住所から住所を特定する。
    転居後5年以上の旧住所から現住所を割り出す。
    勤務先から住所を割り出す
    電話番号等から住所を特定する
    車両の情報や銀行口座の番号等から住所を特定する。
    共同住宅やタワーマンションの所在地から住所を特定する。

  • 居住実態や占有者の調査 3万円から15万円

    以下の状況で難易度が変わります。
    - 対象者の自己所有物件である場合
    - 賃貸物件居住で、対象者が名義人の場合
    - 賃貸物件居住で、対象者が物件の名義人でなく、同居人や居候している場合

  • 勤務先割出調査 5万円から20万円

    勤務先調査の難易度は以下の条件で変わります。また、実際に無職であったり、投資収入や年金収入だけで生活している対象者の場合、明確な勤務先調査が不可能です。
    - 日勤のサラリーマン
    - シフト制の不規則な勤務体系(タクシー運転手・警備員・看護師・介護師等)の人物
    - 低属性な職種(日雇い勤務やパート・アルバイト)人物の場合

よくある質問

日本国内の法律では、個人情報が強く守られています。犯歴=警察、婚姻歴=市役所の戸籍課、職歴=ハローワーク・年金事務所、借金=信用情報機関、等のデータベースに第三者機関が開示請求をするためには法的な根拠が必要になってきます。

結婚詐欺での損害賠償の訴訟を提起する場合は開示請求を通せる可能性があります。

日本国内では、原則、公私の団体のデータベースにアクセスすることができません。そうしたデータベースへのアクセス(違法行為)を行わず、身辺調査を行う必要があります。

公開データ情報の収集や情報源取材等の手法で、どういう人物か大まかに把握することは可能となっております。

ご相談はこちらから

Scroll to Top