イギリスへの探偵調査サービス

調査依頼事の注意点

イギリスは、法律、言語、文化、ビジネス習慣、支払い等の面で日本とは大きく違います。更に、探偵調査は現地の法律や文化風習によってやり方が大きく変わります。海外調査をご依頼の際は、渉外案件専門のJapan PIにぜひおまかせください。

探偵小説で有名なイギリスですが、探偵業にはライセンス制がありません。コモンローの発症の地であり、アメリカと並んでデューディリジェンスや外国腐敗防止法(FCPA)の概念が最も進んだ国のひとつです。

USA

JAPAN PIでは専門知識の豊富なスタッフがご満足いただけるサービスを提供しております。
お気軽にご相談ください。

提供サービス

(詳細はアイコンをクリック)

海外興信所

法人や法人役員のデューディリジェンス、採用審査、社員の不正、保険調査、知財調査。

海外法律・リーガル

企業や法律事務所の為に、法的な証拠を収集する事に関し、長年研究を重ねております。

海外 人探し

生き別れた親族の調査、音信不通者との再会、家出人、逃亡者の捜索。

海外浮気調査

海外浮気旅行の証拠。外国在住所の交際相手や取引相手の身辺調査

上記以外の海外向け探偵サービスをご依頼の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

海外探偵調査のご依頼の流れ

見積もり依頼

ご相談内容をお伝えください。

お見積り

当社が、現地国の調査会社から見積り取得を代行します。
見積り代行の仲介料として5,000円をご請求します。

ご契約

当社が、現地の調査会社へ調査委託の仲介を行います。
ご依頼者様から着手金を預かり、現地調査会社への連絡・送金・調査指示の翻訳代行を責任をもって行います。
仲介手数料は、案件総額の50%です。
案件総額が10万円以下の場合は、5万円の仲介手数料をいただきます。

ご報告

現地調査会社の報告の概略を日本語に翻訳してご報告します。

対応地域

London

Manchester

Bimingham

イギリス調査の基礎知識

他国で調査依頼する場合、その国の、法律体系、プライバシー法、住民登録制度、探偵業にライセンス制の有無を、最低限知っておく必要があります。

法体系 Legal System

コモンロー(英米法)

住民登録 Residence Registration

強制的な住民登録システムはありません。しかし、世帯主は世帯内の選挙権者を登録する義務があります。

探偵ライセンス PI License

2018年1月現在、イギリスではいまだ探偵ライセンス制度が開始されていません。

公開情報 Public Records

選挙人情報(Electoral Roll)
電話帳

イギリスの探偵調査のよくある質問?

データベースで個人の住所を探すことができますか?

対象者の氏名と生年月日等の情報で、クレジットレポートのデータベースから個人の住所は同居人等の情報を照会することができます。たさし、以下のような正当な調査理由がある場合に限ります。

訴訟前照会
債務回収
犯罪の調査
債務者の追跡
会社の調査
リスクのある人への調査

例えば、交際相手が既婚者である可能性がある場合、結婚詐欺の可能性があります。結婚詐欺は重根剤、つまり、犯罪です。従って、この事案は犯罪の調査に該当し、クレジットレポートの照会が可能です。

イギリス調査の専門家に相談する

お問合せ電話する