タレント起用、重要人物登用の身体検査

by Japan PI

Japan PI >> 法人向け調査 >> 身体検査

タレント・著名人の身体検査とは?​​

身体検査は「身辺調査」とも呼ばれ、個人を特定の立場に起用する際に、経歴や犯罪歴、過去の発言に関するメディアチェックや、バックグラウンド調査を行うことを指します。

身体検査が必要になるケース

身体検査が必要になるケースとしては、以下のような例が挙げられます。

  • タレント(有名人・芸能人・文化人)の起用に関する身体検査
  • 社内重要ポストへの登用に関する身体検査
  • 取引先人物の身体検査

身体検査は、個人を対象とした身辺検査でもあり、一般的には新規取引の開始時に必要となります。対象となる重要人物の起用や登用には、多額の費用が発生するケースがほとんどであるため、実際の取引開始に先立って、なるべく早く事前調査を実施することが重要です。

反社チェックの適用事例
タレントのメディアチェック

身体検査でわかること

身体検査を行うことで、以下のような内容を明らかにすることができます。

  • 過去の言動や発言
  • 過去の訴訟歴や犯罪歴、破産歴
  • 反社会的勢力との繋がり

身体検査でわかる内容としては、反社会的勢力との繋がりなど、一切の取引が困難となる情報と、過去の訴訟歴や犯罪歴といった、今後の信用に関わる情報があります。さらに、過去のメディアでの政治的な発言や思想など、それ自体には問題がない場合でも、起用するポジションや立場によっては問題となりうる情報も存在します。その場合、企業側の理念や倫理観と照らし合わせて、適格性を総合的に判断することになります。

身体検査の必要性

過去の経歴を確認しないまま、個人を重要な立場に登用することによって、起用側の理念に合わない過去の言動など、ミスマッチが発生してしまう場合があります。インターネット社会となった現代では、ある人物が公的な立場に起用される場合、社会から注がれる目は特に厳しくなっています。

起用する側の企業や組織にとって経済的なダメージとなることはもちろん、起用される側としても、意図しないネガティブな反響が、将来の活動に影響してしまう場合があります。

反社会的勢力との繋がり確認

近年、反社会的勢力は多様化しており、暴力団、暴力団関係企業、特殊知能暴力集団、半グレなど多岐に渡ります。単なる人間関係としての付き合いだけではなく、過去の取引履歴や融資の有無、取引企業の役員など関連人物のメディアチェックや逮捕歴の確認など、特殊データベースも活用しながら実施する必要があります。
身体検査とは

Japan PIの身体検査​

Japan PIでは、長年にわたり企業の信用調査やデューデリジェンスを通じて、新規取引や提携、ジョイントベンチャーやM&Aに関するリスク情報の収集、報告を行って参りました。

さらに、国内・国外を問わず、企業内の重要ポストへの登用や、取引先に対する法人・個人の訴訟歴、犯罪歴、破産歴、処分歴、PEPチェック、腐敗防止法(FCPA)問題、メディアチェック等の実績があります。 上記の法人向けサービスに加えて、近年ではSNS上でのインフルエンサーやTVタレント、有名人・芸能人・文化人などに対して、企業の広告・宣伝への起用時の身体検査を行っています。具体的には、過去のインターネットや紙媒体での発言、これまでのコラボレーション先の企業の反社会的勢力チェック、関連企業の役員のバックグラウンドチェック、反社会的勢力からの融資の有無などを、特殊データベースも用いながら確認します。

身体検査の料金

調査対象者についての、提供いただく情報、知名度、露出度(記事数や投稿数)、特殊データベース使用の有無などによって、金額が変わります。

詳細は、Japan PIの料金ページよりご確認ください。

お支払いについて

お支払い方法:クレジットカードやPaypal(ペイパル)を通してお支払いが可能です。こちらから送りさせていただく請求書のリンクよりオンライン決済が可能です。詳しくはお支払い方法の詳細をご覧ください。

キャンセル料金:キャンセルポリシーに関しては、契約書に明記させていただきます。

身体検査のよくある質問​

  • 身体検査にかかる日数はどのくらいですか?
    調査対象者についての、提供情報、知名度、露出度(記事数、投稿数)によって変わります。調査日数の目安は、3営業日から14営業日程度です。
  • 炎上リスクの評価をしてもらうことは可能ですか?
    はい。過去の報道記事、反社系のデータ登録、オンライン記事、SNSでの投稿、わかりやすい裏アカの投稿等、集中的に情報収集し、炎上リスクを多角的に分析します。
  • 会社役員の個人的な繋がりで起用することになった、男性スポーツ選手について、リスクヘッジのために身体検査を依頼しました。一部ネットで言われていた噂は、同姓同名の別人物であることが判明したため、安心して商品リニューアルの広告に起用することができました。
    製薬会社 広報担当(東京都・女性)

    ご相談はこちらから

    Scroll to Top