海外探偵法律サービス

By Japan PI

Japan PIは、企業や法律事務所の為に、法的な証拠を収集する事に関し、長年研究を重ねております。法的文書の送達、供述調書の作成、M&Aや取引の際の企業調査や個人への身辺調査に関しても国際的に先進的なサービスを提供しています。あらゆる情報の中で、プロとしての名に恥じない、最高品質な証拠収集を心がけております。更に、国際的な渉外弁護士協会ともネットワークがあり、現地の法律事務所とのシームレスな連携も可能です。

日本国内向けの調査をご依頼の方は、国内リーガル調査ページより詳細をご確認下さい。

jpi-image-overseasbus2-450x300px
jpi-image-overseasbus3

国際的なネットワークにより、以下の業務範囲の探偵調査サービスをご提供しています。専門性と最高水準のスキルを備えた探偵調査員があらゆる調査ニーズに対応いたします。

  • 法的文書送達 Process Service
  • 証人の所在 Witness Locate
  • 供述調書・ポリグラフ Interogation/Poligraph
  • 刑事弁護調査 Criminal Defense
  • デジタルフォレンジック Computer Forensics
  • 詐欺調査 Fraud Investigations
  • 資産調査 Asset Investigations

対応国

ハワイ、ニューヨーク、ロスなど

ロンドン、バーミンガム、マンチェスターなど

ベルリン、ハンブルグ、ミュンヘンなど

パリ、ボルドゥー、リヨン、マルセイユなど

トロント、バンクーバー、モントリオールなど

シドニー、パース、ブリスベン、ゴールドコーストなど

オークランド、ウェリントンなど

シンガポール

香港

北京、上海など

ソウル、仁川、釜山など

マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナムなど

よくある質問

内紛や政情不安定な要素がある国を除いてほとんどの国で調査とすることが可能です。

事例

チェコでの身辺調査の報告書

弊社で過去に実績がある調査内容に関しての費用の概算は無料でお伝えいたします。

依頼内容が特殊なケースまたは、過去にお取引がない国での調査となると、下準備が必要となり手数料がかかります。どちらのケースにおいても事前にご依頼者様に確認をさせて頂きます。

1時間¥12,000で最低4時間からご依頼可能です。追跡調査の場合は2名体制が基本です。
¥12,000 × 最低4時間以上 + 交通費・経費 
海外調査の場合は各国の相場になり、探偵業の法制度が各国によって異なるのでケース毎に見積もりを行っています。
延長の判断が必要な場合や新幹線や飛行機に乗る、など高額な経費が発生し得る状況になった場合、ご依頼者にご連絡をして調査続行か中断のご判断をしていただきます。
キャンセルは可能ですが着手金として入金済みの場合は返金いたしかねます。弊社では調査のタイプごとに解除規定を設けており、ご納得いただいた上で契約、入金の流れとなっております。

海外探偵調査のご依頼の流れ

1. お問い合わせ

以下の状況を明記してお問い合わせフォームより送信。氏名(匿名可)メールアドレス 電話番号 予算 調査対象国 調査対象者 対象者との関係。

2. 担当者から連絡​

適格なヒアリングをし、調査のご提案を致します。実績のある地域や調査ジャンルは無料ですが、弊社が仲介する場合は案件ごとに経費が発生します。

3. 契約成立

弊社規定が記載された誓約書をメールいたします。ご来社の手間がかからないオンラインで署名可能なデジタルフォーマットを導入しています。契約が成立し、ご入金後に調査開始となります。

4. 調査開始

調査は計画に沿って入念に行われます。開始後に判明した情報や状況によって計画の変更が必要な場合は直ちにご連絡が入ります。ご依頼者様の許可をいただいた上で調査を進めます。

5. ご報告

報告書は調査終了後2営業日以内にEmailにて送付致します。画像は基本的に報告書に貼り付ける形式です。オプショナルの動画の受け取り方は、ご依頼時にご説明します。

専門家に相談する