ドイツへの探偵調査サービス

調査依頼事の注意点

ドイツは、法律、言語、文化、ビジネス習慣、支払い等の面で日本とは大きく違います。更に、探偵調査は現地の法律や文化風習によってやり方が大きく変わります。海外調査をご依頼の際は、渉外案件専門のJapan PIににぜひおまかせください。

日本は明治時代、ドイツの法体系、すなわち、大陸法=成分法を輸入しました。法体系が成分法であることは、訴訟社会になりにくい面がある代わりに、判例の積み重ねによって法体系が進化しにくい素地があります。その為、民事ジャンルで探偵業者が活躍する場面も少なく、日本と同様、探偵業務にライセンス制が導入されていません。

USA

JAPAN PIでは専門知識の豊富なスタッフがご満足いただけるサービスを提供しております。
お気軽にご相談ください。

提供サービス

(詳細はアイコンをクリック)

海外興信所

法人や法人役員のデューディリジェンス、採用審査、社員の不正、保険調査、知財調査。

海外法律・リーガル

企業や法律事務所の為に、法的な証拠を収集する事に関し、長年研究を重ねております。

海外 人探し

アメリカでの生き別れた親族の調査、音信不通者との再会、家出人、逃亡者の捜索。

海外浮気調査

海外浮気旅行の証拠。外国在住所の交際相手や取引相手の身辺調査

上記以外の海外向け探偵サービスをご依頼の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

対応地域

Munich

Hamburg

Berlin

ドイツ調査の基礎知識

他国で調査依頼する場合、その国の、法律体系、プライバシー法、住民登録制度、探偵業にライセンス制の有無を、最低限知っておく必要があります。

法体系 Legal System

コンチネンタルロー(大陸法・成文法)

住民登録 Residence Registration
探偵ライセンス PI License

ドイツには探偵ライセンスはありません。

プライバシー法 Privacy Laws

海外探偵調査のご依頼の流れ

1. お問い合わせ

以下の状況を明記してお問い合わせフォームより送信。氏名(匿名可)メールアドレス 電話番号 予算 調査対象国 調査対象者 対象者との関係。

2. 担当者から連絡

適格なヒアリングをし、調査のご提案を致します。実績のある地域や調査ジャンルは無料ですが、弊社が仲介する場合は案件ごとに経費が発生します。

3. 契約成立

 弊社規定が記載された誓約書をメールいたします。ご来社の手間がかからないオンラインで署名可能なデジタルフォーマットを導入しています。契約が成立し、ご入金後に調査開始となります。

4. 調査開始

調査は計画に沿って入念に行われます。開始後に判明した情報や状況によって計画の変更が必要な場合は直ちにご連絡が入ります。ご依頼者様の許可をいただいた上で調査を進めます。

5.  ご報告

報告書は調査終了後2営業日以内にEmailにて送付致します。画像は基本的に報告書に貼り付ける形式です。オプショナルの動画の受け取り方は、ご依頼時にご説明します。

ドイツ調査の専門家に相談する

お問合せ電話する