人探し – 日本での生き別れた親族や相続人の所在調査

生き別れた親族の探し方

ご注意:行方不明者、家出人等の調査の場合は、人探しを参照ください。

日本では、電話帳等で人を探すのは非常に困難ですが、戸籍謄本が取得できるならいろいろなことがすべて把握できます。戸籍謄本を請求できるのは、本人と直系の親族、および、弁護士等の専門職だけです。直系親族であっても、戸籍謄本を請求するには、本籍と筆頭者の情報がわからなければなりません。

戸籍謄本には、出生、婚姻、離婚、死亡記録のすべての役割があります。兄弟姉妹の情報も網羅されています。戸籍謄本は登録内容が変更される度に記載内容が改正され、古い情報は新しい登録から削除されます。しかしながら、古い情報を引き出す為のインデックス情報(古い本籍と筆頭者)が新しい登録に記録される為、ホームページのリンクを辿るように、インデックス情報を辿って、古い記録を取得することは可能です。

当社が委任状を元に、ご依頼者側の代理人として、戸籍謄本等を代理取得することも可能です。

Long lost family
Long lost family

昔の恩人との再会

当社は、昔の恩人・知人、初恋の人等の人探しに長年実績を積んできました。最近は、プライバシー法の厳格化で、人探しは昔よりどんどん難しくなっていますが、わずかな手がかりから、あらゆる手段を駆使して、人探しを成功させます。

昔の住所や実家の住所等がわかっていれば、95%以上の確立で所在現在の連絡先を判明させることができます。

Please check the following contact details for a Japanese private investigator. I HIGHLY recommend him. It cost me US$500 and he found the address of a long-lost friend for me in less than 24 hours. He claims 95% accuracy (except for fugitives and those attemting to avoid detection) plus a refund if he is unable to locate the person. You might need the name in Japanese characters in some cases.

Mark

いますぐご相談

 

お問合せ電話する