中国への探偵調査サービス

調査依頼事の注意点

中国は、法律、言語、文化、ビジネス習慣、支払い等の面で日本とは大きく違いますが、同じ東アジア圏として、共通する部分も多くあります。中国では、表向き探偵・興信所業務は認められていません。しかし、実質的に、ビジネス関連の信用調査やデューディリジェンスに関しては、多数の調査コンサルティング会社が活躍しています。個人に関する調査は、非公式な調査が可能ですが、調査対象者が共産党の幹部や軍部の有力者等に関する問題の場合は、政府から圧力がかかり、調査業者が逮捕される危険性があります。

したがって、中国での探偵調査は、相手を選んで慎重に調査を進める必要があります。

USA

ビジネス関連のデューディリジェンス
知的財産権の調査
市場調査
企業のバックグラウンド調査
個人のバックグラウンド調査
個人の所在調査

中国の法人や個人の探偵調査をご依頼の際は、渉外案件専門のJapan PIににぜひおまかせください。

JAPAN PIでは専門知識の豊富なスタッフがご満足いただけるサービスを提供しております。
お気軽にご相談ください。

サービス

世界中のネットワークを駆使してあらゆる調査ニーズにお答えします。

ビジネス

海外興信所、デューディリジェンス、採用調査、身辺調査、知財調査。

浮気調査

中国への浮気旅行の証拠。中国在住所の交際相手や取引相手の身辺調査。

人探し

中国での生き別れた親族の調査、音信不通者との再会、家出人、逃亡者の捜索。

ご依頼の流れ

見積もり依頼

ご相談内容をお伝えください。

お見積り

当社が最適な委託業者を選定し、お見積とご提案を行います。

ご契約

ご契約いただく場合は、当社がご依頼者と契約し、業務の遂行から料金支払まで全ての責任を負います。

当社の顧客

法人顧客

企業調査、デューディリジェンス、採用調査、知的財産権、保険調査等。

弁護士顧客

付郵便送達や公示送達の現地調査、裁判証拠の収集、強制執行の為の資産調査等に対応しています。

個人顧客

親族や子供の所在調査、詐欺や不正の証拠収集、離婚や不貞行為の調査等を行います。

対応地域

Shanghai

Beijing

Chongqing

Shenzhen

Nanjing

中国調査の基礎知識

他国で調査依頼する場合、その国の、法律体系、プライバシー法、住民登録制度、探偵業にライセンス制の有無を、最低限知っておく必要があります。

法体系 Legal System

中国は基本的には、大陸法(コンティネンタルロー)を基礎にした法体系を採用しています。

しかしながら、中央集権的な国家体質であり、権力者や共産党幹部の意向試打愛で、恣意的に彼らに都合のよい法律運用が行われることが多々あります。

住民登録 Residence Registration

中国では、戸口登記と呼ばれる、日本の住民票制度に近い、住民登録制度があります。

また、全国民は、居民身分証番号を持っています。居民身分証番号は18桁の数字です。

数字の意味は以下の通りです。
省(2桁)+都市(2桁)+県(2桁)+生年月日(6桁)+同一地域・日出生者の順番(3桁)+性別(1桁)+チェックコード(1桁)

探偵ライセンス PI License

探偵業務は、原則、認められておりません。

しかしながら、経済活動にいて必要となる、信用調査業務は、黙認されております。ただし、共産党幹部や軍部の高官等に対する調査は、絶対に避けなければなりません。権力者に対する調査を知らずに行うと、調査担当者が逮捕され、懲役刑に処せられます。

プライバシー法 Privacy Laws

中国では、西側諸国の影響を受け、訴訟記録に関しては積極的に公開されています。

その他、特許や商標権等の知財に関する事項は公開されています。

法人の登記情報は、ある程度、公開されています。しかし、中国では国営企業が1万5千社程あるとされており、これらの国営企業の実態は把握することが困難です。

不動産の登記に関しては、ほぼ非公開となっています。中国は共産国家の為、全ての土地が国有ですが、実質的には、長期借地契約の形式で個人が土地を所有できる状況です。しかし、実質的には当事者の所持する権利証を確認する以外、土地の所有者の確認が困難です。

個人に関する情報は原則全て非公開です。ただし、特殊ルートを通じた、非公式な個人の戸籍(戸口)データ等の調査が半ば黙認されている状況です。

中国調査の専門家に相談する

お問合せ電話する