子供の親権問題や成育環境の調査

子供の親権問題

子供の連れ去り、親権争い、面接交渉権拒否、子供の虐待、監護状況の確認等、子供の問題に関する調査を専門的にてがけております。
日本は因習に囚われて、現代的な法解釈と昔からの慣習の間にギャップが生じています。さらに、片親の家庭での子供の虐待事件が増加しており、子供の成育環境には最大限注意を払っていく必要があります。日本では離婚後、無条件に母親が子供を引き取ることが昔からの習慣ですが、法的に認められている父親側の子供への面接交渉権が無視される傾向があります。

国際結婚の離婚の場合、日本人の母親が、子供を日本でに勝手に連れ去るケースが続出し、国際的な批判の対象になり、遂に、親による子供の誘拐問題のハーグ条約に調印した経緯があります。国際的な子供の連れ去り問題の統計.

子供の親権や連れ去り問題に関する調査は、ぜひ当社へおまかせください。

Child abuse

子供の親権や成育環境調査

子供が勝手に連れ去られたり、離れ離れになった子供の現在の環境が気になる場合、当社が力になります。子供の住所の特定から、現地調査によって虐待の有無や成育環境の確認まで、一貫してサポートします。結果報告は、安心材料としての資料にとどまる場合もあれば、親権争いや面接権の裁判証拠として調停や法廷で利用されることもあります。

何よりも、情報収集して現状把握することが最も先決であり、安心材料となることは言うまでもありません。

提供できる子供に関する調査

当社では以下のようなサービスを提供しています。

  • 子供の所在特定
  • 子供の成育環境に関する行動調査や映像撮影
  • 危険状況の確認
  • 虐待や育児放棄等の状況の確認
  • 裁判証拠の為の子供の環境調査
  • 親権や面接交渉権等の違反に関する調査
  • 外国へ連れ去られた子供のハーグ条約に基づくサポート
Child Custody Case in Japan

御社の調査のおかげで、子供の所在が判明し、親権問題を解決する貴重な証拠収集ができました。

御社のようなサービスは社会に不可欠です。これからもお仕事がんばってください。

 

東京都 男性

USA

リスク管理の専門家に問合せる

問い合わせ電話する