身辺調査

訴訟相手の身辺調査

訴訟相手や慰謝料請求相手への身辺調査、身元特定のサポートを行います。わずかな手掛かりから、対象者の情報を特定し、訴訟や法的手続きをアシストします。
身辺調査が必要な調査事例は以下のようなものがあります。

  • 法的手続きの相手方(交通事故加害者等)
  • 債務者の給与差し押さえ
  • 養育費を支払わない元配偶者の給与差し押さえ
  • 交際相手や配偶者の浮気相手への慰謝料請求等
  • 信用度の確認等
  • 元従業員の動向
  • 交際相手の信用確認
  • 取引相手や事業パートナーの信用確認
jpi-image-services1-450x300px
jpi-image-personal2-450x300px

最適な調査方法をアドバイス

国民の知る権利の代行者として、身体・生命・財産の保護の為に、あらゆる調査手法を駆使して、最高の結果を出します。

可能な限りすべての公開情報の分析、現場での聞き込みや行動調査に加え、士業の公簿の職務請求、弁護士照会等も組み合わせて、様々な調査ニーズにお答えしています。

何を調査するかで調査方法や難易度が変わります。

調査手法

  • 公開情報チェック(ネット・新聞記事、登記簿など)
  • 実地調査(現地確認・行動調査等)
  • 情報源取材(電話・面談での取材)
  • 公私の団体の非公開データ(行政機関・携帯会社等)

調査の難易度

公開情報調査

  • 情報量の多寡
jpi-image-background1-450x300px
jpi-image-witness1-450x300px

実地調査

  • 規則正しい勤務の人物かどうか
  • 車両で移動するかどうか
  • 調査開始場所の立地状況
  • 経営者や役員的な人物かそれ以外か

公私の団体の非公開データ

  • 法的調査理由の有無
  • 開示請求制度のあるデータかどうか(住民票戸籍など)

身辺調査の料金

「素早く、正確な調査結果をいただき、非常に感謝しております。これからも他社ににユニークなサービスを続けてください。」
弁護士法人
東京

よくある質問

日本国内の法律は個人情報を何がなんでもブロックする仕様になっています。犯歴=警察、婚姻歴=市役所の戸籍課、職歴=ハローワーク・年金事務所、借金=信用情報機関、等のデータベースで第三者開示請求をするには法的な根拠がある場合に限ります。どこにデータベースが保有されているかをお考えいただければ、当然のこととご理解いただけることと思います。

結婚詐欺に被害にあって、損害賠償の訴訟を提起する場合等は開示請求を通せる場合があるかもしれません。

日本国内では、原則、公私の団体のデータベースにアクセスできません。そうしたデータベースへのアクセス(違法行為)を行わないで、身辺調査を行う必要があります。

公開データ情報の収集や情報源取材等の手法で、どういう人物かを把握することは可能です。

専門家に相談する