人探しの完全ガイド:目的・調査方法・自分でできる方法・料金まとめ

people-walikng-on-street

探偵・興信所による人探しについて、抑えておきたい基本的なポイントからご自身でできる方法まで、まとめています。

実際に調査をご検討されている方は、調査依頼の手順や事例、調査開始に必要な手がかりなどをこちらのページにまとめておりますので、ご参照ください。(探偵による人探し:調査方法と料金​)

人探しの目的と分類

一言に「人探し」と言っても、様々な動機と目的があります。懐かしい友人との再会も、生き別れた親子の捜索も同じ「人探し」ではありますが、調査の緊急性や予算によっても、取るべき方法は異なってきます。

緊急性が高いケースでは、法的根拠に基づいて弁護士照会などの手段を利用できる可能性があります。具体的には、下記のような分類ができるでしょう。

緊急性が高いケース

  • 債務不履行の相手を探したい
  • 裁判の証人を探したい
  • 相続人と連絡を取りたい
  • 慰謝料請求の相手方を探したい
  • 家出人や失踪者の所在を知りたい
  • 交通事故の相手方を探したい
  • 養育費を払わない片親を探したい
  • 山岳で遭難した人を探したい
  • 海外旅行で消息を絶った知人を探したい
  • 子供を連れ去った親を探したい
  • 誘拐犯を探したい

緊急性が低いケース

  • 昔の友人や知人と懐かしくて会ってみたい
  • 出会いサイトで知り合った相手を探したい
  • 痴情のもつれで音信不通となった相手を探したい
  • 過去に生き別れた親族と再会したい
  • 配偶者の浮気相手を探したい
  • 遠くの知人や親族の安否確認をしたい

家族や知人の失踪など、緊急度の高いケースが発生した際の対応については、下記の記事が詳しいのでご覧ください。

再会が目的ではなく、生死の確認といった安否確認のみを行いたいというケースもあるかと思います。その場合については、下記の記事に解説をまとめております。

そのほか、人探しの目的に、どのようなケースがあるのかについては、下記の記事により詳しい内容をまとめています。

人探しの方法

緊急性が高いケース

事故や事件の可能性があったり、法的な調査理由に基づく人探しの場合、弁護士照会(正式名称は「弁護士会照会制度」)が利用できる可能性があります。弁護士法第23条の2に基づいて、弁護士会が、官公庁や企業などの団体に対して必要事項を調査・照会する制度です。

照会の依頼を受けた団体には回答の義務が生じますが、完全な強制力がある方法ではないのが現状です。いずれにせよ、緊急度が低いケースと同様に、地道な調査や取材が必要となります。

緊急性が低いケース

あらゆる人探しは依頼者にとって切実ではありますが、人命に関わらず、法的根拠のない調査の場合、後述する弁護士照会は使用できません。この場合、過去の電話帳、住宅地図、不動産屋商業登記のデータベース、関係先への取材などで調査を進めていきます。

初恋の人、思い出の人を探したいケースは、緊急性が低いケースにあたります。この場合の方法は下記にまとめてありますので、ぜひご覧ください。

戸籍・住民票を利用する

人探しの調査を行う場合、まず思い当たるのが国や自治体が管理する「戸籍」や「住民票」ではないでしょうか。上記は弁護士照会で可能となりますが、しかし、自らの意志で潜伏している人物の場合、住民登録をしている可能性は低く、調査が難しいことには変わりありません。

人探しの調査方法について、詳細は下記の記事にまとめています。

自分でできる人探し

公開情報のリサーチ

諜報活動の世界では、公開情報の調査は「オープンソースインテリジェンス」と呼ばれ、重要な調査スキルの一つとされています。

GoogleやSNSでの検索を行う場合、氏名だけではなく、 漢字をローマ字にしたり、ローマ字の表記を少し変えたりすると、本人のアカウントが見つかる場合があります。他に、携帯電話番号やメールアドレスのヘッダー部分、誕生日の数字などで検索してみるのも有効です。

自分でできる人探しの詳細は、下記の記事もご覧ください。

探偵でなければできない調査

プロフェッショナルのオープンソースインテリジェンスでは、Googleなどの一般的なソースのほか、電話帳や住宅地図、ディープウェブ(業務用会員制データベース)、秘密情報ソース照会も活用します。

一言にデータベースといっても、様々な規模や種類が存在し、取るべきルートも異なります。例えば対象者が法人の代表者である場合、法人の登記簿謄本データベースから、代表者の自宅住所を確認できる可能性があります。

また、車両番号や銀行口座、メールアドレス、SNSアカウント、写真などから、おおよその場所を特定し、鼻腔や張り込みといった方法で現地調査を伴う人探しも可能です。

プロフェッショナルの探偵でなければできない調査があります。詳細は下記をご覧ください。

人探し調査の料金相場

上記で見てきた通り、一言に「人探し」と言ってもその動機や目的、緊急性は様々であるため、人探し調査は探偵や興信所のサービスの中でも料金の幅が大きい傾向にあります。さらに、近年では個人情報保護の厳粛化によって、調査の難易度が上がり、長期化する傾向にあるため、業界全体での相場も上昇傾向にあります。詳細は下記ページをご覧ください。

なお、Japan PIの人探しをはじめとした各種料金については、下記のページにまとめております。

Japan PIの人探し

Japan PIでは、オープンソースリサーチやディープウェブリサーチ、秘密情報ソース照会を駆使して、データの収集を行います。また、総合探偵社としての強みを生かし、偽装工作取材や第三者開示請求、張り込み・聞き込み調査までを一貫して行うことができます。実際の手順や、ご用意いただきたい手がかりについて、下記のページにまとめております。

プロへ依頼しますか? Japan PIへ相談

Scroll to Top