Digital Forensics

Japan PIの基本方針は、結果重視のサービス提供です。解決のためにお客様が求める具体的な状況に応じて、効果的な調査をあらゆる方法で提供いたします。

現代のデジタル時代において、行動調査や聞き込みなど従来の現場調査よりも、デジタル調査の方が効率的な場面が数多く存在します。デジタルフォレンジック調査が、事実調査の手順において重要な役割を果たす場面をいくつかご紹介します。

デジタルフォレンジックチームは、、パソコンや携帯端末のデータ保存または回復を専門にしています。内容には、ショートメール、通話記録、GPSログ、電子メール、写真、ソーシャルメディアへの投稿などが含まれます。他にも科学調査チームは、フェイスブック、Gメール、iCloud、Whatsapp、ラインなどのオンラインアカウントにおけるパスワードのロック解除を専門としています。調査報告書については、裁判や証言録取で法的な証拠として使用可能です。

職場調査

デジタルフォレンジックチームは、従業員の横領、不正行為、パワーハラスメント、または職場におけるいじめなどの証拠集めを支援することが可能です。科学調査チームは、従業員のパソコンや携帯電話を保管し回復します。

従業員の不正行為が継続している場合、フォレンジックチームは、当該従業員のパソコンまたは携帯電話にスパイアプリのインストールを行い、隠し監視カメラを設置し、従業員の違法行為を立証することが可能です。

亡くなられた方が所有するデータの復元

デジタルフォレンジックでは、パソコンや携帯端末からデジタルデータを復元することが可能です。また亡くなられた方のオンライン金融口座のロック解除も可能です。死因調査にも役立ちます。

またリーガルチームでは、亡くなられた方のデータを保有するサーバー、オンライン銀行および金融口座、ソーシャルメディア、ならびにテクノロジー企業のログイン認証情報を開示させることも可能です。

デジタルフォレンジックを行うことで、自殺、殺人、事故死などの死因を明らかにする活動について貴重な洞察を得ることができます。

行方不明者

デジタルフォレンジックチームは、IPアドレスの解析を実施します。行方不明者の電子メール、ソーシャルメディア、またはその他のオンラインアカウントに記録されている最後のやりとりを明らかにします。この解析を実施することで、デジタル鑑識チームは、行方不明者がどのようなオンライン活動を行っていたのか完全に確認ができて、行方不明者を探し出す強力な手がかりを見つけ出します。

オンラインによる名誉毀損

デジタルフォレンジックチームと法務チームは、レピュテーション・マネジメントの支援が可能です。このサービスには、名誉毀損を行った加害者の特定が含まれます。電子メールのIPアドレスや、オンライン投稿を追跡したり、サーバーやテクノロジー企業からの送信者情報を取得する形で特定します。

不貞行為の調査

デジタルフォレンジックチームは、旧式パソコンや携帯端末からデジタルデータを復元できます。復元可能なものには、写真、通話記録、ショートメール、電子メール、SNSアカウント(ライン、WhatsApp、スカイプなど)、GPSログの記録があります。また、調査チームはパソコンまたは携帯電話のパスワードのロック解除も可能です。
その他のサービスには、パソコンや携帯電話にスパイアプリをインストールするものがあります(これらの端末に直接アクセス可能な場合)。iPhoneの改造またはアンドロイド端末のルート化の対応も可能です。これは主にスパイアプリのインストールの際、必要なものになります。

Japan PIへ問い合わせる

お問い合わせ