アメリカのデューデリジェンスにおけるチェック項目

Japan PI >> ブログ >> ビジネス・信用調査 >> アメリカのデューデリジェンスにおけるチェック項目
Background Screening

デューデリジェンス(採用雇用、取引、M&A等の際の適正チェック)として、アメリカで公私の団体の保有データでチェックできる項目が、日本ではほとんどチェックできない。

本人の同意書で照会

アメリカでも無条件にデータが公開されているわけではなく、センシティブなデータに関しては、本人同意書(Signed Consent)を取得してチェックを行う形式となる。日本では、本人同意書を取得してチェックするという概念がない。

国内と海外での差異によって、外資系企業への日本人の就職や海外との取引の際に、日本人は適正チェックがしにくいことが原因で、採用時に不利な状況に立たされる懸念もある。

  • Criminal Records(犯歴)
  • Civil Litigation, Liens, Judgments, and Bankruptcy (民事訴訟、税務差押え、破産)
  • Regulatory Checks/ Watch Lists(行政処分、要注意人物リスト)
  • Media Searches(メディアチェック)
  • Business Affiliations(役員名逆引き)
  • License Verification(免許資格確認)
  • Education Verification(学歴)
  • Employment Verification (職歴)
  • Political Contributions(政治資金)
  • Real and Personal Property(不動産登記)
  • Sex Offender Registry Search(性犯罪者リスト)
  • Driver’s License/DMV Information Verification(運転免許記録)
  • Credit Report(金融信用情報)
  • National Futures Association (NFA) BASIC registration(先物取引協会)
  • FINRA Broker Check(金融商品プローカー)
  • Investment Adviser Registration Depository(資産運用業者)
  • Financial Regulatory Filings &(金融庁登録行政処分) Sanctions
  • Patriot Act/Global Regulatory Filings and Office of Foreign Asset Control (OFAC ) and related watch lists(国際テロリストリスト)
  • Politically Exposed Persons(政治的フィクサーリスト)
  • SEC Enforcement Actions(証券取引法違反リスト)

関連する記事

ビジネス取引の調査依頼はJapan PIまで

Scroll to Top