探偵が教えるー素行調査ー尾行編

taxi chase

以前の記事で、プロも行っている張り込みの方法をお伝えしました。『素行調査ー張り込み編』いざ対象者が動き出すと、張り込みから尾行を行います。対象者が徒歩以外の交通手段をつかった移動をすると尾行の難易度があがります。今回は移動手段別に尾行の注意点や方法をまとめて記載します。

満員電車での追跡

満員電車に調査対象者が乗った場合、調査員は対象者の至近距離に位置取りしなければなりません。距離をあけすぎると他の人混みで二度と対象者に接近できなくなります。満員電車の場合は、調査対象者に体の一部を密着させるぐらいで問題ありません。場合によっては調査対象者の服を掴んでおくぐらいでちょうどいいです。

大規模な駅で満員電車を下車した際も、死に物狂いで調査対象者にくっついて行くぐらいでちょうどいいと思います。

タクシーを尾行

調査対象者が路上でタクシー待ちを始めた場合、車両の流れの上手に向い、先に来たタクシーを横取りして待たせるようにします。調査対象者はそれを見て悔しがるかもしれませんが、だからといって調査員に尾行されていると思うことも無いでしょう。

タクシーの運転手には後から知り合いが来るからここで待機してくださいと告げます。
対象者がタクシー待ちをした瞬間に空車タクシーが現れ乗り込まれてすぐに移動してしまう場合もあります。その場合は走って次の交差点で空車タクシーを捕まえるなどしかありません。

万が一タクシーの追跡に失敗した場合は、タクシー会社の種類と路線番号と車両番号を控えるか撮影しておく必要があります。タクシーは無線でつながっています。対象者がタクシーを降りた頃を見計らってタクシー会社に電話し無線番号や車両番号を伝えてそのタクシーに乗りたいといい、呼び出します。なぜ対象者が降車した頃を見計らって電話するかと言うと、調査員がタクシー会社に連絡した時に対象者がまだタクシーの中にいると、タクシーの運転手が対象者にその内容を話す可能性があるからです。そうすると尾行がバレてしまう可能性が高まりますので注意が必要です。

タクシー会社に同じタクシーを呼び出す時は、前にその運転手さんに乗せてもらって気に入ったので、同じ方に載せてもらいたい等と言えばいいでしょう。対象者を乗せた運転手が現れれば、その前に載せた乗客と同じ目的地に行って欲しいと告げます。なぜかと聞かれれば、知り合いとはぐれてしまったからととぼけてもいいですし、実は社員の事件の調査をしていると伝えてもいいでしょう。

タクシー運転手は運賃が稼げるので拒むことはまずないと思います。

※タクシーの尾行は非常に難易度が高いので、タクシーを乗るタイミングを見極めたり、その後の動きを予測する訓練が必要です。

新幹線での追跡

モバイルsuica とスマート EXを契約し、対象者が新幹線に乗っても対応できるように用意しておきましょう。(ただしスマート EX は全ての新幹線に対応していません。)

※3月14日より、新幹線Eチケットが開始します。券売機や窓口できっぷを受取ることなく、お持ちの交通系ICカードやモバイルSuicaで、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線にチケットレスで利用できるようになるようです。こちらを契約しておくと対象者の急な乗車時に役立つでしょう。

古典的な方法としては以下の方法があります。対象者が新幹線に乗ることが分かった時に、入場券を購入して改札を通過します。対象者と一緒に新幹線に乗ってから車掌さんから切符を購入すれば大丈夫です。

無駄になったとしても、少し遠い距離まで切符を購入するしかないでしょう。例えば東京から博多方面の新幹線に対象者が乗車した場合名古屋くらいまで切符を購入します。対象者が名古屋を通過して移動した場合は、再度大阪まで切符を購入します。

正社員2名体制で尾行をしている場合、一人が新幹線の切符を購入し、もう一人は対象者を追跡して切符を購入した調査員を手引きします。そして、改札の手前でなんとか切符購入係の調査員が、追跡係の調査員と合流し、切符をシェアします。

これが伝統的な新幹線改札の対応方法です。

空港での尾行

対象者が空港へ入って航空機に搭乗した際にどう尾行するかについて説明します。

対象者は航空会社のカウンターで搭乗手続きをしている際などに、調査員は航空会社のカウンターで後ろに立ち、行き先を聞き取るなり自動搭乗機の画面を後ろから目視してなんとか行き先を反映させたいところです。

行き先が分かれば対象者と同じ航空機を購入し追跡します。その航空機が満席で直前のチケット購入が不可能な場合は諦めるしかありません。目的地に他の調査員を急遽配備できるようであれば応援を頼みます。

まとめ

このように難易度は高くはなりますがあらゆる交通手段による移動中の尾行も、創意工夫と経験によって可能になります。

一人で行うことが難しい場合、探偵を雇うことも視野にいれるといいでしょう。素行調査を行う興信所の選び方についてはこちらにまとめております。

プロへ依頼しますか? Japan PIへ相談

Scroll to Top