海外へ拉致された大学生の息子|Japan PIの調査事例

Japan PI >> ブログ >> 海外調査 >> 海外へ拉致された大学生の息子|Japan PIの調査事例
Philippines

失踪した大学4年生の息子の父親から、所在捜索の依頼を受けました。息子はもうすぐ卒業を控えていましたが、フィリピン人の大学院生の婚約者ができ、両親が反対したことで音信不通となっていました。

しかし、その後、息子と婚約者は、遊びに行ったインカジで多額の借金を背負い、反社会的勢力から追い込まれているという連絡が入りました。息子たちは総額5,000万円の債務を負っており、それを早く返済しないと身の危険があると両親に泣きついてきました。

その状況を踏まえて、Japan PIが調査活動を開始しました。

調査依頼に至るまでの背景

婚約者との結婚を急ぐ息子

まず、調査依頼に至るまでの背景について説明します。

依頼者が裕福な家庭であり、息子は大学生ながら超高級なタワーマンションに一人暮らしをして、東京の大学に通っていました。そのうち系列の大学院の大学院生であるフィリピン人女性と知り合い、両親が息子のために借りていたタワーマンションで、同棲生活をするようになっていました。

最初のうち、息子は婚約者を両親に紹介し、しばしばディナーを共にしたりしていました。婚約者は大学院生でありながら、副業でファッションモデルをやっている才色兼備の女性でした。彼女は大学院に残って、大学教授を目指すか、多国籍のNGO機関の研究員になる予定でした。

母国語であるタガログ語以外に、ビジネスレベルの英語、スペイン語、日本語に堪能なマルチタレントな人物でもありました。

結婚は就職してから

両親は婚約者の多彩さ、優秀さ、そして美貌に圧倒されました。そして、本人たちは今すぐにでも結婚したいと主張し、両親に入籍の許可を求めていました。しかし、息子はまだ大学も卒業しておらず、就職もしていないため、両親は息子が社会人になってから入籍して欲しい旨を伝えました。

両親がいますぐの結婚に反対すると、息子と婚約者との関係が徐々に険悪になっていきました。婚約者はかなり気の強いところもあり、一度気分を害すると、態度が硬化したままになってしまう傾向があるようでした。

両親の葛藤

結婚に反対したことで、両親は、婚約者と直接話すことができなくなりました。息子との連絡も少なくなっていき、次第にお金の援助を求める時のみ、息子から連絡が来るようになっていきました。

さらに、両親が息子の携帯電話に連絡しても、なかなか電話に出なくなっていきました。両親の心配は募りましたが、息子はもうすぐ卒業なので資金の援助だけして、様子を見守ることにしていました。

恐喝被害の連絡

冒頭に触れたように、息子と婚約者は、遊びに行っていたインターネットカジノで多額の債務を背負ってしまいました。その結果、息子から両親に、借金返済のための資金援助を懇願するメールが入るようになりました。

いくら裕福な家庭とはいえ、五千万円の金額をすぐに支払うことは困難でした。両親はとりあえず、半額の2500万円を用意し、息子の銀行口座へ送金しました。

依頼を受け、日本国内での調査を開始

このタイミングで、両親からの依頼を受け、Japan PI が調査活動に着手しました。

新たな男性の存在

息子のマンションは、セキュリティ意識の高い高級タワーマンションです。両親が鍵を持っているわけでもなく、本人たちが自室に戻っているかすら、外観からはわからない状況でした。

我々はしばらく張り込みをしましたが、本人たちが出入りしてる様子は確認できませんでした。管理人に取材すると、約1ヶ月前から彼らを目撃していないとの証言が得られました。

本人は未成年ではないため、保証人である両親の委任があっても、マンションの室内をチェックすることはできませんでした。 

息子が通学する大学に問い合わせると、やはり、1ヶ月以上授業に出席してないことが確認されました。

次に、本人や婚約者の住民票登録を照会しましたが、本人も婚約者も住所の変更はありませんでした。しかし、住民票で浮上した婚約者の前住所を確認すると、当時の婚約者は、別の男性と同居していたことがわかりました。さらに調査を続けると、婚約者が過去に交際していたその男性が、行方不明となっていることがわかりました。男性の親族が警察に捜索願を出しているが、失踪から1年半以上経過してもなお所在判明に至っていないとのことでした。

フィリピンに拉致される

上記の調査が一通り終わったタイミングで、依頼者である両親に、息子のフリーメールのアカウントから連絡が入りました。なんと、彼らがフィリピンに拉致され、借金を全額返済するまで、ある場所に監禁されているとのことでした。しかし、警察に連絡すればすぐに殺される、フィリピンの警察は腐敗しているので、警察へ通報が入ればすぐにわかってしまい、警察の手で彼らが消されてしまうとの説明もありました。

フィリピン国内の探偵へ代行依頼

そこで、Japan PIはフィリピンの提携先と連絡を取り、フィリピンでの現地調査を代行依頼しました。

日本側の調査では、入国管理局の入出国情報の取得は著しくハードルが高く、探偵業務のレベルではほとんど不可能です。しかしフィリピンでは、すぐに入出国情報を確認することができ、息子と婚約者が確実にフィリピンに入国していることがわかりました。

さらに、フィリピン国籍である婚約者の氏名・生年月日から、彼女の住所履歴が判明しました。マニラ郊外に彼女の実家があり、そこが最終登録住所となっていました。

その他の参考事項として、以前にフィリピン国内で、婚約者は別の日本人男性と婚姻していたことがわかりました。しかもその男性は、日本国内の住民票による調査で判明した、前住所で同居していた元交際相手の男性でした。更なる調査で、その男性はフィリピンで変死しており、彼女が死亡保険を受け取っていたことも確認されました。

衝撃の結末

調査を進める過程で、彼らが拉致され、フィリピンで監禁されているという情報自体の信憑性が疑わしいものとなってきました。我々はフィリピンの探偵社に、一週間連続で彼女の実家を張り込むように指示しました。

最初の二日間は、婚約者の両親が出入りする状況しか確認が取れませんでしたが、3日目、ついに彼らの尻尾を捕まえることができました。彼らは、知人が運転する高級外車で、婚約者の実家に現れました。依頼者の息子と婚約者が後部座席から、現れ実家に入ったのです。

その後の追跡で、彼らはマニラの最高級ホテルのスイートルームに滞在しており、朝から晩まで高級レストランや高級ショッピングモールに入り浸り、夜はライブショーのあるナイトクラブで遊びまわっていることが分かりました。

結局、息子と婚約者は、両親から大金を騙し取り、豪遊していたのです。多額の債務や拉致監禁の事実はなく、全て狂言であることがわかりました。

日本とフィリピンの合同調査により、息子の拉致事件の真相が解明され、一件落着しましたが、後味の悪い結末となりました。

海外探偵との共同調査も、Japan PIにお任せください

Japan PIは、WAD(世界探偵協会)とCII(国際調査協議会)という世界的な二大探偵ネットワーク、およびACCJ(米国商工会議所)に加盟しております。近年、事件や犯罪は国際化しており、今回の事例のように調査の舞台が日本国内から海外へ移行するケースもあります。Japan PIなら、長年の経験と世界規模のネットワークで、国内外をシームレスに対応します。

関連する記事

海外調査のプロにお任せ下さい

Scroll to Top