ウクライナの探偵からの手紙

Japan PI >> ブログ >> お知らせ >> ウクライナの探偵からの手紙
Igor Tymofeyev

WAD(世界探偵協会)からの探偵仲間から、キエフやウクライナの現状を伝える手紙が届きました。その文面を紹介します。

所属する協会のメンバーが、戦火に巻き込まれていることを身近に感じ、胸が痛みます。私達が直接手助けすることはできません。ただ、無事を祈るしかありません。と同時に、日本が、現在、爆撃や侵略に怯える環境に感謝するしかありません。

日本語訳

WADメンバー、

WADは、ウクライナの取締役であるIgorTymofeyevからこのアップデートを受け取りました。 多くの人が想像できないような、この戦争で荒廃した国の内部を見ることができます。 私たちの考えと祈りは、イゴール、彼の家族、そしてこの恐ろしい戦争の影響を受けたすべての人々と共にあります。

親愛なるボブ、

私の妻と私はキエフにいます。 避難できません。 近くに爆弾シェルターはありません。しかし、私は宿命論者です。ロケットと大砲によるキエフの砲撃は昼夜を問わず行われます。キエフの住宅地のみが砲撃の対象となり、軍事施設はありません。民間人の間での損失は増加しています。3月15日と16日の夜、キエフへのロケット攻撃が続いた。3つの高層ビルの打撃と破壊があり、犠牲者が特定されています。これらの地域には軍事施設はなく、かつてあったこともない。 すべての技術者が殺害されたロケット攻撃中にテレビ塔とハードウェアの建物が破壊されたため、デジタルテレビは機能しません。しかし、高速インターネットとGSM接続はまだ存在しています。電気もあります。水とガスも家の中で利用できます。私の地区の店はもちろん半分空の棚で開いていますが、食べ物、水、ジュースは十分あります。 しかし、ほとんどすべての薬局は閉鎖されています。 少数の薬局で、たとえば2型糖尿病に対する必須医薬品や、1型糖尿病患者向けのインスリンはありません。 心臓や高血圧の薬はありません。甲状腺ホルモン補充療法に利用できる薬はありません。これらの重要な薬の配送はまだ利用できません。そしてこれは、糖尿病患者や心臓病の高齢者、甲状腺疾患のある人、または手術後に療養している人の新たな死がすでに始まっていることを意味します。しかし、医薬品の供給がすぐに始まることを願っています。

私の町キエフについて説明しました。 しかし、他の都市では、状況はるかに悪いです。 たとえば、Mariupol(マリウポリ)では、3月15日のシアター(の爆撃)のように、3,500人以上の民間人がすでに砲撃で死亡しています。 今日、3月16日、マリウポリのシアターに強力な爆弾が投下されました。1000人以上の女性と子供たちがこの劇場に避難していました。それらのほとんどは死亡しました。

Kharkov(ハリコフ)は絶えず砲撃されており、数千人の民間人も亡くなっています。 Chernihiv(チェルニーヒウ) – 絶え間ない砲撃 – 何百もの死者、何百もの建物が破壊された。  3月15日チェルニーヒウで砲弾が爆発したとき、パンを買うために並んでいた10人が死亡した。

私の義理の娘、孫、孫娘、そして2人の曽孫は苦難の中避難し、現在ドイツにいますが、そこでは日常生活の困難に直面しています。しかし、これらは些細なことです。 私にとって最も重要なことは彼らの安全です!

しかし、私は宿命論者であるだけでなく、楽観主義者でもあります。 立ち上がります! 勝利を達成します!

Igor Tymofeyev

英語原文

WAD Members,

WAD Just received this update from our Board Member in Ukraine, Igor Tymofeyev. It gives us a look inside this war-torn country like so many cannot imagine.  Our thoughts and prayers are with Igor, his family, and all the people affected by this terrible war.

Dear Bob,

My wife and I are in Kyiv. We cannot evacuate. We don’t have a bomb shelter nearby. But I’m a fatalist. The shelling of Kyiv with rockets and artillery is carried out night and day. Only residential areas of Kyiv are subjected to shelling, where there are no and were no military installations! Losses among the civilian population are growing. On March 15 and 16, at night, were continued rocket attacks on Kyiv. There were hits and destruction of three multi-story buildings, the victims are being specified. There are no military installations in these areas and never have been. Digital television does not work for us due to the destruction of the television tower and the hardware building during the rocket attack when all the technical personnel was killed.  But high-speed Internet and GSM connections still exist. We also have electricity. Water and gas are also available in the house. Shops in my district are open, of course with half-empty shelves, but food, water, and juices are enough. But almost all pharmacies are closed. A small number of working pharmacies do not have essential medicines, for example, against type 2 diabetes, as well as insulin for type 1 diabetics. There are no heart or high blood pressure drugs. There are no drugs available for thyroid hormone replacement therapy. Deliveries of these important medicines are not yet available. And this means that new deaths of diabetics and elderly people with heart diseases have already begun, as well as people with thyroid diseases or with its absence after operations. But we hope that the supply of medicines will begin soon.

I was describing Kyiv, my city. But in other cities, it is much worse. For example, in Mariupol, as on stand March 15, more than 3,500 civilians have already died under shelling. Today, March 16 a powerful bomb was dropped on the Drama Theater in Mariupol. More than a thousand women and children took refuge in this theater. Most of them died.

Kharkov is constantly shelled and there are also thousands of dead civilians. Chernihiv – constant shelling – hundreds of dead, hundreds of destroyed buildings. March 15 In Chernihiv, when an artillery shell exploded, 10 people were killed, who were standing in line to buy bread.

My daughter-in-law, grandchildren, granddaughters, and two great-grandchildren evacuated with difficulty and are now already in Germany, although they face some everyday difficulties there. But these are trifles. For me, the most important thing is their safety!

But I am not only a fatalist, but I am also an optimist! We will stand! We will achieve Victory!

Igor Tymofeyev

関連する記事

調査のご依頼はJapan PIまで

Scroll to Top