浮気調査の営業マニュアル:過去の探偵業界

Japan PI >> ブログ >> 探偵全般 >> 浮気調査の営業マニュアル:過去の探偵業界
Cheater

ある個人の浮気調査専門探偵社の悪徳営業の実態を暴きます。

客の予算の1.5倍取れ、2倍取れれば上等

お客さんとの面談の際におおよその予算を聞きだします。

営業マン「だいたいご予算はどのくらいをお考えですか。」
クライアント「そうですね 30万円ぐらいは大丈夫ですか。」

この場合 1.5倍の45万円を送れと言われました。
凄腕の営業マンなら60万円を取ります。
金額はほとんど後出しです 操作が終わって集金に行く時に45万円の請求書を持って行くだけです。
営業マンはこんなふうに言い訳します。

「あなたの案件はどうしても結果を出したかったので予算の事を考えずに調査員を増員して一生懸命やりました。
後で経理に計算させたところ50万円ぐらいになってしまっていました。

私は経理の者にお客さんは30万円くらいの予算しか無いと言っていたので、50万だときついで、と交渉しました。

それで、私の力で何とか45万円までは削りましたので、この金額で何とかお願いします。」

いわば泣き落としです。

結果が良ければ、この戦法でほとんどの依頼者が落ちます。
すぐに落ちない場合はもうすこし勉強して、

「なんとか40万までは、経理と掛け合って何とか私の力で削りました。これでお願いします。」

と再度粘ります。(経理と掛け合うというの単なる方便です)

5万円の客はごみ

浮気調査専門の調査会社は 顧客単価は最低30万円で、かかった客からは50万円ぐらいの売り上げがないと面白くありません。

吊り広告ですが 最低料金は5万円からで完全成功報酬等と宣伝しています。

ただしこれにこだわる依頼者はゴミと言われていました。その客はゴミだから捨てろと社長は口癖のように言っていました。

実際に営業マンの給与体系ですが、私の場合 一件 会社をとると1万円の基本給がもらえました。

そして 顧客単価が50万円に達するごとに1万円のインセンティブが付くというものでした。

裏を返すと 50万円未満の顧客は5万円でも49万円でも営業マンの給料は1万円のみです。

これを見てもわかるとおり 50万円以上の 調査を行わない 依頼者は ちゃんとした会社とは見なされないということです。

ですから 5万円の 脚などはゴミでしかありません。

すぐに結果が出ると金にならないからわざと失敗しろ

依頼者との面談で決まった予算枠は何が何でも評価しなければなりません。

中にはすぐに結果があがってしまい 会社から 料金を下げるように交渉されることがあります。

そんな事になってはたまりませんので 最初のうちでもし結果が出たとしても依頼者には失敗したことにします。

初回は、わざと新入りの素人同然の調査員を出して わざと失敗するようにしたり あるいは実際は結果が出たにもかかわらず途中でなしなったと報告し 次回の調査に引きずり込ます。

ほとんどの依頼者は 途中まで実行が成功していると 思えばそこでやめたり別の業者を使ったりするのも大変なので2回目の調査を承諾します。
1回引っかかれば後はこっちのものなんです。

渋ったら不安を煽れ

最初の面談の時に 依頼者が渋って なかなか依頼を決断しない場合は 不安をあおると言われていました。

「 例えば 旦那の浮気調査の場合放しておくと妾との間に子供が生まれますよ。 」

とか

「関係が 腐れ縁になって取り返しのつかない事になります 。浮気の証拠がなければあなたは 無一文で放り出されます 。

子供の将来も台無しになります。

あなたのお子さんは盗賊(ヤンキー、ジャンキー、懲役太郎)になるしかなくなります。」

このように依頼者の不安をあおって調査を依頼されるよう説得します

調査は一生一回、300万円の調査でも月に直せば3千円

一生一回のセールストークは探偵業者の常套手段です。

乗車料金が300万円取香500前になることがありますが 多くの依頼者は最初はびっくりします。

そこで一生一回のセールストークをします。

「思えば割高でしょうけれども 捜査は一生に一回の買い物です。

一生に一回だとすると 月に直せばいくらになるでしょうか 、衣装には約1000カ月あります。

300万円を1000で割りますと月額は3000円です、。

1ヶ月たった3000円の買い物ですよ 。

大した金額ではないですよね。

ここでお金を使わないでどうするんですか?

人生で一番大事な節目ですよ、 毎月3000円のお金をケチることで一生が台無しになります。

あなたはそれでいいんですか?

よく考えてください 。」

これが殺し文句です。

調査員を増やしたことにして時間単価を上げろ

行動調査は時間料金で受注するのが普通です。

普通は調査員2名一組で1時間1万5千円ぐらいで請け負います。

調査料金の単価をなんとか釣り上げるために以下のうように説得します。
「この現場は調査員3名でやった方が確実ですよ」
とか
「調査員4名で2チームでやると成功率が上がりますから、調査員2名でダラダラ長くやるより1回で結果が上がるので、かえって安くつきますよ」

このように調査単価をつり上げて料金を水増しします。

実際には調査員2名でほとんどの現場は十分なので調査員4名で契約したとしても、実際の調査は調査員2名でやります。
この場合、会社は経費はそのままで2倍の売り上げになり社長は、ほくほく喜びます。

今も調査員1名の単価を安く見せ て、契約する時には 調査員を5名使う、などとして、調査単価をつり上げて営業しているところが幅を利かせているのが現状です。

全く困ったものです。

写真だけ取って調査したことにしてしまえ

1週間単位とか 蒸気で依頼を受けた場合 そのうち1日2日は何も調査はしていないのに調査をしたことにして 売り上げを水増しします。

この場合調査員に現地の建物の写真だけを撮影させます。つじつま合わせのための写真撮影です。

現場の写真があると、消費者センターに駆け込まれても、真相がはっきりせず、本当はまともな調査をしていなくても、業者側に有利な話が通ってしまいます。

大口客の一本釣り自慢

調査業の営業をやっている連中は、1人の依頼者でいくらお金を使わせたかの自慢話をするのが好きでした。
「おれは、最高6千万円使わせた」
「おれは、最高4千万円だった」
「おれは半年で1億円使わせた」
とか、大物一本釣り自慢でもりあがります。

そんなことを自慢しているようでは、この業界よくなりません。
芸能人やスポーツ選手やいけいけの実業家等、玄人系山師の依頼者はそれでいいのでしょうが、そんな営業スタイルを続けていては、業界全体がよくなるはずがありません。

調査中毒の女依頼者 金が尽きたら最後に抱け

行動調査というのは中毒性があり、嫉妬深い女性依頼者で、旦那さんや彼氏等パートナーの行動調査にはまってしまった方は、財産を使い尽くすまで調査を続けるパターンがあります。

このバターンだと調査は1年とか2年とかに及び、調査料金の合計は1500万円とか2500万円とかになるケースがあります。1億円とかを調査に費やした人もいると聞きます。

最後に貯金がつきるとお金の支払いが遅くなり集金が難しくなってきます。そうなってきたら出がらしです。それ以上引っ張ることはできないので、区切りをつける必要があります。

ただし、それまで長期間にわたりさんざんパートナーの行動を監視し続けてきたので、お金がなくなったとしても依頼者はなかなか調査中毒から脱却できません。

そこで、前の会社の社長は、
「そろそろ注射を打って、調査から卒業させなければならない」
と言っていました。
つまり、依頼者を抱いて、パートナーに執着していた状態から開放し、別のことに目を向けさせるということです。

しかし、依頼者と関係を持って、こちらに執着されたらどうするんですかと私は聞きました。

「ためしに私と実験してみましょう。
男なんてみんな同じですから、それを身をもって体験してみてほしいのです。
私は1回だけあなたとプレイします。
それで、男なんてみんな同じだってことをわかってほしいのです」
と説得するのだそうです。

社長いわく、これがいわゆるイニシエーションでロングラン依頼者の卒業の儀だとのことでした。

私自身は結局このようなことは一回もありませんでした。
お金がなくなったら、調査依頼を断ればいいだけだと思いました。
男性調査員はそんな言い訳をしながら、最後依頼者がお金がなくなったら、体で払ってもらっていたようなものだと思っています。

結婚調査の報告書は占いで書け

結婚調査の報告書は単価が50万円とか70万円など高額な場合が多かったので 何が何でも報告書の枚数を水増しし、重みをつけなければなりませんでした。

ページ数を増やすための 方法として占の法を参照している人もいました 本人の 氏名や生年月日血液型など参照して占い 本 の記事の内容で本人の性格分析を書いていました。

探偵が幸せな時は皆が幸せなのさ

これは良い探偵のおまじない

しばらく仕事が何もなくひあがってしまったとき、
「俺たちが暇な時はみんなが幸せなんだよ」
と言い聞かせて、みんなで励ましあうのです。

探偵・調査業が根底から見直される時が来ています。

関連する記事

調査のご依頼はJapan PIまで

Scroll to Top