東京で探偵社を依頼する

Tokyo

今回は東京で探偵調査を依頼する際の特色と注意点について説明します。

東京は、探偵が行動確認調査(尾行調査)を行う上で、最も難易度の高い都市となります。複雑な地理、多発する交通渋滞、公共交通機関の多様さ、都市の規模等、国内では、他の都市とは比較にならない程、混沌としています。

東京の地理と探偵業務

東京の地理は、他の都市には類を見ないほど、複雑です。17世紀に首都が京都から大阪へ移されました。その時、東京が外敵から絶対に責められないことを最優先とする都市計画が立てられました。東京の中心にある皇居を中心として環状道路が9本あります。そして皇居から放射線状に地方都市へ伸びる幹線道路が複数あります。その代表的な道路が、東海道、甲州街道、中山道、日光街道です。

現代ではカーナビや携帯の GPS ナビで目的地を設定するとそんなに迷うことはありません。しかし行動確認調査においては地元の土地感があるほうが絶対的に有利です。東京では富裕層は車両で移動しますが、中間層以下は公共交通機関を利用する方が普通です。公共交通機関に関しても東京は誰の年とは比較にならないほどの種類があります。尾行調査においては地元の土地感がある東京の調査委員が有利であることは言うまでもありません。


東京では自然とスキルが磨かれる

また東京には国際便の発着する空港が羽田空港と成田空港の二つあります。海外から日本へ方を訪問する受講者やビジネスマンの素行調査でも東京の調査員が最も多数の経験を積むことになります。東京の多様な公共交通機関や複雑な道路事情の中で神経を研ぎ澄まして、行動調査を行う東京の探偵調査員は、他の地域の調査員に比べ自然とスキルが磨かれていきます。

観光客が多い浅草や鎌倉や大規模商業施設、最高級クラスのホテルでの張り込みに関しても東京ならではの難度があります。ファイブスターホテルでの宿泊先の割り出し宿泊者しか利用できないスポーツ施設やラウンジ内での調査方法、ロビーやレセプションでの長時間張り込みに伴う人員ローテーションのテクニックなど、東京ならではの調査スキルが要求されます。

東京の調査員は他の地域では無双状態

尾行調査に関して言えば東京での調査が、日本全国はおろか世界でも最も難易度の高い地理条件となります。人々の移動手段は、自家用車、電車、バス、タクシー、自転車、バイク、送迎車などあらゆるパターンが想定されます。また、車両での張り込みが不可能な細い路地も多く、はりこみや監視のスキルを発達させてないと活動が困難です。逆に言うと、普段の活動に負荷がかかっているため、東京の調査員は、他の地方では無双状態となります。

東京でないと得られない情報やサービス


身辺調査や人探しで必要となるデータ収集の観点からも、東京でしかアクセスできない情報があります。例えば、昔の人事更新録や古い住宅地図や、古い電話帳などを調査する場合は、国立国会図書館の蔵書を使用します。東京以外の都市ではこうしたデータにアクセスすることが困難です。また各種名簿の閲覧が可能な民間のリストライブラリもほぼ東京にしかありません。過去の同窓会データや法人の名簿データなどの閲覧が必要な場合も東京でしかアクセスできないことがあるわけです。

また外国文書の認証などの際に外務省の認証サービスや大使館の認証サービスが必要となる時があります。外務省の認証サービスは東京にしかありません。また外国大使館もほとんどが東京に集中しています。

まとめ

 

このように東京でないと受けられないサービスや調査事項が多数あります。そういう意味で東京の探偵社は立地的に優位に立っていると言えます。

JAPAN PI の東京本店はこちら

プロへ依頼しますか? Japan PIへ相談

Scroll to Top