音信不通の家族を探す方法 [パターン別]と注意点

Japan PI >> ブログ >> 家族の調査 >> 現在のページ
Family is missing

音信不通の家族に関する状況は、一概に説明することが難しく、その原因に応じて対応策や捜索方法が異なります。家族の音信不通は、心配や不安を引き起こすだけでなく、その解決も困難を極める場合があります。これは、音信不通の原因や状況が多様であり、単純な解決策が存在しないためです。

例えば、家族が突然の失踪を経験した場合、その背後には様々な要因が関与している可能性があります。金銭的な問題、精神的な健康状態、家庭内のトラブル、あるいは単純なコミュニケーションの不足などがその一例です。したがって、音信不通の家族を探す際には、事態の深刻さや複雑さを理解し、適切なアプローチを取ることが重要です。以下では、異なるパターンの音信不通や失踪に対する対策や調査方法を詳細に説明していきます。 

音信不通や行方不明のパターン

音信不通や行方不明となるケースは、大まかに以下のカテゴリーに分けることが可能です。

自然消滅:

  • 長期間にわたる非連絡により、結果的に音信不通に至る。
  • 海外移住者およびその家族: 海外へ移住した本人やその家族。

突発的家出

  • 家出をした未成年者(13歳から18歳まで)
  • うつ病を抱える成人 
  • 駆け落ちをした配偶者

意図的な蒸発:

  • 自己の意志で姿を消した成人
  • 夜逃げや犯罪逃亡者
  • DVや虐待からの逃避

事件・事故・自殺・遭難:

  • 遺書を残して失踪するケース
  • 12歳以下の行方不明の子供
  • 認知症を患う高齢者の失踪
  • 拉致・誘拐・麻薬中毒等

遭難: 

  • 山や川や海での遭難

家族が音信不通になるケースとは

以下で具体的な事例を紹介します。

自然消滅的な音信不通

長年連絡を取っていなかったことで、親族が転居してしまい、音信不通になるケースがあります。また、連絡が疎遠になっているう間に、子供が転居してしまい、住所がわからなくなる場合があります。本人が携帯番号を変えたにもかかわらず、親に知らせず、転居したと思いこむ場合もあります。子供が交際相手の家に入り浸っていて、把握している住所で連絡が取れないパターンもあります。

突発的な家出

突然の家出は、準備なしでただ服を着て家を出ることがあります。お金がなくなるとすぐに生活が困難になり、外で寝泊まりするのも想像以上に厳しい状況に直面します。結局、お金や携帯電話の使用履歴から居場所が分かってしまうことが多いです。このような計画なしの失踪は、非常に強い精神力がないと持続できず、最終的には自分から家に戻るか、家族に見つかって戻されることが多いです。

また、この行動パターンの人は事件や事故に巻き込まれやすく、SNSで知り合った人の家に泊まったり、知らない人についていくなど、無考慮で危険な行動を取ることがあります。特に10代から20代の若者はこのようなリスクの高い行動をとることが多く、迅速な対策が必要です。駆け落ちや、恋愛やカルト教団の影響で第三者の助けを借りて失踪するケースも存在します。

意図的な蒸発

意図的に計画を立てて失踪する人を見つけるのは難しいです。このような人は、家族に見つからないように、失踪先への手がかりをしっかり隠します。計画的に失踪する場合、経済的に困らないように事前に準備をします。そのため、家族が知っている銀行口座やクレジットカードを使用せず、自分の居場所がバレないようにします。自分が見つかることを避けるために、何度も住所を変えることもあります。家族が連絡が取れなくなった人の中で、計画的に失踪した人を見つけるのは一番難しいです。

認知症・記憶喪失

記憶を失って行方不明になる人は実際にいます。全国で保護される身元不明者の中には、全ての記憶をなくした人が多くいます。これらの人は自分が誰か、どこから来たのかさえ思い出せません。認知症によって記憶や方向感覚が失われ、行方不明になるケースもあります。自治体によって集められた身元不明者の情報には、詳しい情報が記載されていないこともあるため、その中には家族を探している人の情報が含まれているかもしれません。

DV・ストーカーからの避難

DV(家庭内暴力)やストーカーから逃れるために、ある人がシェルターに避難していると、たとえ家族や親族であっても連絡が取れなくなることがあります。DVやストーカーをする人は、被害者に強く執着し、どうしても被害者の居場所を見つけ出そうとします。そのため、シェルターでは被害者の個人情報を厳しく守り、シェルターの場所も絶対に秘密にしています。シェルターは一時的に避難する場所で、保護期間はだいたい2〜3週間です。シェルターを出た後、被害者が家族に連絡を取ることもあるかもしれませんが、加害者に見つかることを恐れて、結局は連絡せずに失踪してしまうこともあります。DVやストーカーから逃げている人を探す時は、加害者にも被害者にも気づかれないように注意深く行う必要があります。

事故・事件

事件や事故に巻き込まれた、行方不明者になっている可能性があります。金銭トラブルや薬物トラブル、誘拐や拉致等の可能性がある場合は、警察が積極的に捜査します。

遭難

海難、山岳や河川での遭難等の場合は、消防やレスキュー隊等が捜索を担当します。山岳では、救助活動が自費負担となる場合もあります。震災や津波等であれば、自衛隊が救助活動を実施する場合もあります。

音信不通の家族を探す方法

行方不明者の捜索は、パターン別に、対応や調査方法が大きく変わります。自然消滅的に音信不通になったケースなら、戸籍等の公簿取得で住所を辿ることが可能な場合も多いでしょう。自分の意思で蒸発した場合は、運がよければ捜索が可能ですが、厳格なプライバシー法が制定されている日本では、簡単には探せません。事件・事故・自殺・遭難等緊急性の高い行方不明者の場合は、すぐに警察に捜査を依頼してください。警察は、人物捜索の基本ツールである、携帯電話の位置情報、防犯カメラ映像、決済口座の履歴にアクセスして捜索を実施します。警察以外では、こうした基本ツールにはアクセスできません。

音信不通の家族を探す場合、事例に応じて探す方法や難易度が変わります。

自然消滅で音信不通となった場合

住民票の除票や戸籍附票で家族の居場所を探せます。行方不明者が転居先で住民票を取得し、普通に市民生活を送っている場合に有効な方法です。家族であれば、地元の役所の住民票などを使って住居の引っ越し先などが特定可能です。住民票は同一世帯員しか取得できません。

2019年6月以前の転居者の住民票の除票は削除されています。それ以降のものは150年間保存されます。住民票の除票には、転出先の住所、転出先の年月日、死亡している場合は死亡年月日が記されます。弁護士等の士業に職務請求権限がありますが、弁護士は法的手続きの為にしか公簿を取得できないことになっていて、人探しの目的で依頼できるかどうか、相談してみるしかないでしょう。

戸籍附票は本籍を定めてから、それ以降の住民票の移り変わりを記録したものです。本籍地のある役所で取得できます。そのため、本籍が設定されている間の住所履歴一覧が確認可能です。2019年6月以降の戸籍付票の保存期間は150年間です。それ以前のものは破棄されています。

突発的な家出や蒸発の場合

連絡が取れなくなった家族を探すためには、失踪したときの状況を詳しく知ることが重要です。その状況を把握することで、失踪に至った手がかりや理由を見つけ出すことができるかもしれません。失踪する前に引っ越しをしていなければ、行方不明者の部屋には何らかの手がかりが残されている可能性があります。

行方不明者が捨てたゴミを調査することで、失踪の理由や目的地につながる手がかりが見つかることがあります。例えば、ゴミ箱に捨てられたレシートやクレジットカードの明細から、購入したものや利用した交通手段などの情報を得ることができるかもしれません。また、捨てられた督促状などから、行方不明者が経済的な困難に直面していた可能性も考えられます。

他に、行方不明者が残した通帳やキャッシュカード、クレジットカードなどを確認しましょう。銀行で取引履歴をチェックすることで、失踪後の金銭的な動きが分かるかもしれません。大きな金額を引き出していた場合、長期にわたる失踪の可能性が高まります。また、カードの支払いが滞っている場合、借金が失踪の原因である可能性が考えられます。

行方不明者が残した置き手紙やメモ、手帳があれば、失踪した本人の意志や考えが書かれている可能性があります。これらの書類から、失踪に至った理由や行き先に関する手がかりを得ることができるかもしれません。

音信不通の家族を探す際の注意点

人を探す時、最初にビラや尋ね人掲示板を思いつくことが多いですが、なぜ誰かが行方不明になったのかによっては、これらの方法が逆効果になることもあります。行方不明になる理由は人それぞれで、中には家族から離れたい、連絡を取りたくないという思いから自ら音信不通になる人もいます。また、行方不明者が誰かと一緒にいて、その人が行方不明者と家族との関係を断ち切ろうとしている場合もあります。

このような状況では、ビラや掲示板に情報を載せることを避けた方が良いかもしれません。なぜなら、行方不明者やその同伴者に捜索活動が知られてしまい、彼らが他の場所へ移動したり、偽の情報を流したりすることで、捜索がより困難になる可能性があります。親の反対を押し切って夢を追うため、借金問題から逃れるため、恋愛から逃れるため、またはうつ病などの精神的な問題から逃れるためなど、人が連絡を絶つ理由は様々です。

探偵に依頼する

成人が自らの意志で行方不明になったケースでは、手がかりが全くない場合に探偵が解決に至ることが難しいこともあります。しかし、一部の探偵業者は、利益を目的として依頼人を誘導し、事前費用を受け取るだけで結果を出さない場合があるため、注意が必要です。現代の刑事捜査では、防犯カメラや携帯電話の位置情報の分析が重要で、これらは証言よりも証拠としての価値が高いとされています。

しかし、探偵はこれらのツールにアクセスできない民間人であるため、人からの情報収集(HUMINT)や公開情報の収集(OSINT)に頼るしかありません。特に、行方不明者の移動方向が全く不明な場合、これらの方法だけでは追跡が困難です。それでも、自然に音信不通になった親族の捜索や未成年の家出など、特定の条件下では探偵のスキルが有効であり、手がかりがある場合は探偵を利用する価値があります。

簡単に言うと、行方不明者の捜索において探偵が役立つ場面もありますが、手がかりがない場合や高度な技術が必要な場合は解決が難しいです。探偵業者を利用する際は、結果を出さずに料金だけを要求する悪徳業者に注意が必要です。探偵は人から情報を集める手法や公開情報を調べる手法を主に使いますが、現代の捜査技術にはアクセスできません。それでも、適切な情報や手がかりがあれば、探偵の所在調査が成功を収めることもあります。

探偵に音信不通の家族探しを依頼する際にかかる費用は

仕事の内容や時間によって探偵の料金が変わります。例えば、人に聞き込みをしたり、チラシを作って配ったりするような仕事を探偵に頼むと、最初に10万円から30万円の料金がかかります。特定の場所や人を見張るような仕事を頼む場合は、時間に応じて1万円から2万円がかかり、一日では7万円から15万円がかかることになります。もし、長い期間、探偵を雇う場合は、合計で100万円から300万円の費用がかかることもあります。

しかし、はっきりした手がかりがなく成功の見込みが低い仕事では、多くのお金をかけてもそれだけの価値がある結果は得られないかもしれません。探偵業務では、お金をかければかけるほど良い結果が得られるわけではないことを覚えておいてください。

まとめ

音信不通や行方不明になった家族を探す方法は、失踪した背景や状況によって異なります。自然に連絡が途絶えた場合、公的記録から住所を追跡することが可能ですが、自ら意図して姿を消した人を見つけるのは難しいです。緊急性が高いケースでは、直ちに警察に連絡し、捜索を依頼すべきです。探偵は人から情報を集めたり、関連人物や関連個所の尾行張り込み等の手段や、公開情報を調査する手法を使いますが、刑事捜査と違い、防犯カメラ営巣や携帯電話の位置情報にはアクセスできません。したがって、適切な情報や手がかりがある場合のみ探偵を利用する価値があります。

Japan PIは、音信不通や行方不明になった家族を探す人探し調査を得意とする興信所・探偵事務所です。Japan PIでは無料相談を受け付けていますので、何かお困りのことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

身辺調査のご依頼はJapan PIまで

上部へスクロール
Scroll to Top