海外の反社チェック

Japan PI >> ブログ >> 反社チェック >> 現在のページ
document

海外では、”KYC(Know Your Customer)”と称されるコンプライアンスチェックが一般的であり、これは取引先の信頼性と合法性を確認するプロセスを指します。対照的に、日本では「反射チェック」という用語が広く普及しており、これは主に暴力団などの反社会的勢力の有無を調査することを指しますが、その本質はコンプライアンスの観点から問題がないかどうかを検証することにあります。

日本の暴力団の特殊性

日本の文化的特異性として、暴力団は違法な存在ではなく、特定の思想を持つ任意団体として扱われ、公共メディアに登場することや、雑誌に取材されることが許容されています。また、組織の事務所はインターネット上で容易に検索することが可能です。これは、国際的な観点から見ると異例であり、他国のマフィアや犯罪組織は公的なメディアでは確認できないほど秘匿性が高いことが一般的です。

このように、日本における反社会的勢力に関する公的なデータベースの存在は、国の特有の事情を反映しており、他国では同様のデータベースが存在しないことが想定されます。

コンプライアンスチェック

コンプライアンスチェックとKYC(Know Your Customer)チェックは、企業や金融機関が取引の透明性と合法性を保証するために用いる重要なプロセスです。これらのチェックの基本的な項目と情報ソースを以下に説明します。

基本的なチェック項目

  • 顧客の身元確認: 名前、住所、生年月日、職業などの基本情報の確認。顧客のリスク評価: 顧客のリスクプロファイルを評価し、不正行為やマネーロンダリングのリスクが低いかどうかを判断。
  • 監視リストの照合: テロリストや国際犯罪組織のリスト、政治的に重要な人物(PEP)のリストなどとの照合。
  • 取引の目的と性質の理解: 顧客が取引を行う目的とその性質を理解し、異常な取引パターンの検出。
  • 資金の出所の確認: 顧客の資金の出所を確認し、違法な資金の流入を防ぐ。

情報ソース

  • 公的な登録記録: 住民登録、ビジネス登録、税務記録など。
  • 公的な身分証明書: パスポート、運転免許証、国民IDカードなど。
  • 信用情報機関: 信用スコアや過去の金融取引記録。
  • 独立したデータベース: マネーロンダリング防止やテロ資金供与防止に関する国際的なデータベース。
  • 顧客から提供される情報: 顧客が自己申告する職業や資金の出所に関する情報。

コンプライアンスデータベースのチェックリスト

  • PEP(政治的に露出の高い人物)
  • 現行の制裁措置
  • 過去の制裁措置
  • 金融規制機関
  • 法執行機関
  • 資格剥奪された取締役
  • 破産
  • ネガティブメディア報道

プロフィール情報の確認

エキゼクティブクラスのビジネスプロフェッショナルに関しては、LinkedIn、オンライン記事、報道資料等を通じてその実在が確認されることが一般的です。しかしながら、知名度が低い個人の場合、ソーシャルメディアやインターネット上の情報が不十分な場合があります。このような状況においては、人物情報が登録されている営業支援ツールのZoominfoへの登録や、オープンソースインテリジェンス(OSINT)ツールを用いた調査を通じて、その実在を確認する努力をします。これらのツールを使用しても存在確認ができない場合は、対象者から提出された書類に基づき、身分証明書の真正性や住所の実在を詳細に検証し、確認を行います。

まとめ

海外と日本における反社会的要素のビジネス取引への影響に焦点を当てました。日本の文化的特異性として、暴力団が合法的存在である一方で、公的データベースの不在が国際的に異例でありビジネス取引において欠かせないのがコンプライアンスとKYCチェックです。顧客の身元確認やリスク評価、政治的に重要な人物や制裁措置の確認が信頼性を確保するための基本です。プロフィール情報の確認においては、知名度の低い場合にはZoominfoやOSINTツールの活用が推奨され、透明性と信頼性の向上をはかります。

これらの確認手段を適切に組み合わせ、国際ビジネスにおいて安全で健全な基盤を築くことが肝要です。取引先の信頼性を高め、リスクを最小限に抑えるためには、これらのプロセスに敏感に対応することが成功に繋がるでしょう。

海外の反社チェックやリスク管理の詳細は、海外リスク管理のページをご参照ください。

身辺調査のご依頼はJapan PIまで

上部へスクロール
Scroll to Top