映画『レオン』 – 映画で学ぶ、相手の身元丸わかり尾行術

Japan PI >> ブログ >> 探偵全般 >> 映画『レオン』 – 映画で学ぶ、相手の身元丸わかり尾行術
leon

1994年公開の映画『レオン』(リュック・ベッソン監督、出演はジャン・レノとナタリー・ポートマン)は、ニューヨークを舞台に、孤独な殺し屋と麻薬密売組織に家族を殺された少女の交流と復讐の戦いを描いている作品です。

作中で主人公が家族を殺した相手の身元を割り出すために、尾行調査を行った場面を紹介します。

映画の中で、調査対象者が車両で走り去った時、とっさに、後続するタクシーを拾い、尾行する場面があります。タクシー尾行の際は、運転手にいかにうまく指示するかが重要なポイントとなります。

また、調査対象者が勤務先の建物に入った時に、同僚から名前を聞き出す場面があります。ここでは、名前を聞き出す為のうまい言い訳を聞き出す反射神経と、その設定でうまく演技するアドリブ能力が必要です。

問題のシーンまでのあらすじ

この映画の主人公のレオンは、中年の孤独なヒットマンです。レオンは、同じマンションの隣人の近隣者マチルダ(12歳の少女)と仲良くなりました。

マチルダの父親は腐敗警察官のスタンスフィールド氏から、預かっていた麻薬を横領し、密売しました。スタンスフィールド氏は、それに気づいて、マチルダの一家(父、義母、母違いの姉、4歳の弟)を虐殺しました。その時、マチルダは、たまたまレオンの大好物のミルクの買い出しで外出していて助かりました。

マチルダは、レオンがヒットマンをしていることを知りました。彼女はレオンからヒットマンのやり方を習って、家族を殺した腐敗警察への復讐を計画していました。

腐敗警察のしっぽをつかむ

ある日、マチルダは、家族が虐殺された自宅に、ぬいぐるみを取りに行きました。実際には、ぬいぐるみだけでなく床下に隠されていた現ナマを持ち出しました。この現金は、父親が盗んだ麻薬を密売していた現金です。

自宅は事件現場なので警察が封鎖していました。しかしマチルダは上手くすり抜けて自宅へ潜り込みました。

その時、家族を虐殺した腐敗刑事が、たまたま現場検証で自宅に来たのです。マチルダは物陰に隠れて、腐敗刑事が現場検証を終えるのを待ちました。

腐敗刑事をタクシー追跡

腐敗刑事が自宅マンションを出ると、マチルダが彼の追跡を開始しました。

腐敗刑事は、マンションを出てしばらく行ったところに車を停めていました。マチルダはとっさにそこを通りかかったタクシーを捕まえ、飛び乗りました。

タクシー運転手を真剣にさせる

ぬいぐるみを抱いた少女がいきなり乗り込んできて、あの車を追ってと言ったわけです。当然ながら、タクシーの運転手はまともに取り合いません。

言い訳の天才のマチルダは、真剣に取り合わないタクシー運転手を一瞬で真剣にさせました。そこからが以下の場面となります。

Leon The Professional Movie Script https://sfy.ru/?script=leon_ds

IN THE STREET

Stansfield gets on a car and departs.  Mathilda stops a cab and gets on board.

MATHILDA

May you follow that blue car, please?

The driver smiles.

DRIVER

Do you also want music and skids at every turn?

She hands him 100$.

MATHILDA

No, I want you to drive smoothly, get your 100$ and tell me what the last question was.

The driver takes the bill and starts moving. He understood everything.

Stansfield’s car stops in front of a building. Mathilda gets out of the cab and follows Stansfield.  She gets stopped at the first checkpoint in the large hall.

COP (amused)

Where are you going, little girl?

MATHILDA

What’s that man’s name?

COP

Why do you want to know?

MATHILDA

He forgot his money…  My mother’s got a pub, behind the corner, and he forgot his money, about 100$.

COP

Huh? I see, but this is the FBI, little girl, and I can’t let you in.  But if you leave me his money, I’ll give him it myself.

Mathilda thinks.

COP (smiling)

You don’t trust me.

Mathilda shakes her head no. The cop laughs.

MATHILDA

Give me his name, I will mail him.

COP

OK. Mister Stansfield, Norman STANSFIELD.

MATHILDA

…Office 2702.

COP

Yeah… How do you know it?

MATHILDA

…I heard he said… That’s all… 

Thanks.

Mathilda gets away. The cop looks at her, smiling.

日本語訳は、以下の通りです。

通りで

スタンズフィールド車に乗り発車する。マチルダはタクシーに乗る。

マチルダ

あの青い車を追いかけてくれませんか。

運転手は微笑む。

運転者

音楽をかけてスリップでもするか?

100ドルを渡し

マチルダ

いいえ、100ドルあげるから尾行して。

運転手は受け取りすべてを理解した。

スタンズフィールドの車は建物の前に停車し、マチルダはタクシーから降りてスタンズフィールドを追う。彼女は大ホールの最初の検問所で立ち止まる。

COP(面白がって)

どこへ行くんだ?

マチルダ

その男の名前は何?

COP

何故知りたいの?

マチルダ

彼はお金を忘れました…私の母は角を曲がったところにパブを経営していて、彼は約100ドルを置き忘れました。

COP

は?なるほど、FBIは小さな女の子を入れることができません。私が彼に直接渡します。

考えるマチルダ。

COP(笑顔)

あなたは私を信用していません。

マチルダは首を横に振る。警官は笑う。

マチルダ

彼の名前を教えてください、彼にメールします。

COP

わかった。ミスタースタンズフィールド、ノーマンスタンフィールド。

マチルダ

…オフィス2702。

COP

ええ…どうやってそれを知ったんですか?

マチルダ

…彼が言ったのを聞いた……

ありがとう。

マチルダは逃げる。警官は微笑んで彼女を見る。

タクシー運転手の取り扱い方法

タクシー運転手も、長く職業としていれば、前の車を尾行してほしいという指示を受ける経験があるでしょう。ただし、そのようなケースが頻繁にあろうはずがありません。

探偵業者の尾行もあるでしょうし、芸能人の追っかけの女性客もいるでしょう。痴情のもつれなどで、異性が乗った車両を追跡したいというパターンも想定できます。

なんにしても、尾行を指示するお客さんには、何らかのトラブルがつきものです。タクシーの運転手側からすれば、ありがたいお客には入りません。

同行している車を装う

尾行指示する側としてはタクシーの運転手に余計な刺激を与えたくないものです。いかにタクシーの運転手の不安感を取り除くかが、尾行をする者にとっての重要課題となります。

そこで、なるべくなら、相手に知られずに尾行しているという設定ではなく、相手が了承済みで一緒に同じ目的地に行こうとしていると思わせた方が得です。

ただし、単純に同行するだけなら、タクシーの運転手は遅れても、お客が前の人に行き先を聞けばいいと思いかねません。追跡中にタクシーの運転手があまりにものんびりしている場合、もう少し距離を集めてぴったり入ってくださいとか、適宜指示をしなければいけなくなる場合もあります。

本物の尾行と最初から言う

実際には、タクシーの運転手さんの気質によってどういう運転になるが決まります。いきなり飛び乗った場合、尾行をしている側に最適なタクシー運転手さんを選ぶ余裕はありません。運に任せるしかありません。

乗車した瞬間から、前の車を尾行して下さいとはっきり言ってもいいと思います。その場合、タクシーの運転手は犯罪に巻き込まれる想定をします。以下のような想像が働くと、運転手も、できれば協力したくないと思います。

  • やくざが被害者を追いかけて、危害を加えようとしている
  • 残虐なストーカー男が女を追いかけて、危害を加えようとしている

そんなような最悪のシナリオを想像させないようにするのも、尾行を指示する側の仕事となります。

そう思わせない言い訳も考えて説明しておくほうがいいでしょう。

例えば、以下のような言い訳を伝えます。

  • 週刊誌の記者で、著名人のスクープを追っています。
  • 会社内の横領事件を調べていて、経費を使っている社員の行動を調べています。

タクシーの運転手に、犯罪のために人を尾行しているわけではないという印象を与えるということです。

タクシー運転手の尾行能力

タクシーの運転手は運転のブロですが、尾行のプロではありません。ただし道に詳しいので、進む方向でだいたいどこに行きそうか直感的にわかったりします。そういう意味では全く尾行の経験がない人たちよりはましですが、かといって即戦力になるわけでもありません。

いきなり尾行を指示する側としては、タクシーの運転手が緊張しすぎて距離をあけすぎたりしても困ります。基本的には、堂々と普通に運転してもらったほうがよいのです。経験がないのに変な小細工をすると、失敗の元になります。

勤務先から名前を割り出す

このシーンでもう一つ参考になるのが、マチルダが名前が分かっていない腐敗刑事が勤務先に入った時に、どうやって名前を聞き出したかです。

腐敗刑事は FBI の建物に入りました。建物の出入り口には当然セキュリティゲートがあります。マチルダは関係者ではないため、セキュリティゲートで守衛に止められました。

そこでマチルダは絶妙な言い訳を考えました。

「近くで母がレストランをやっています。今入っていた男性がお金をお店に忘れて行ったので、届けたいのですが、名前を教えてもらえますか?」

守衛の男性は、それなら私が代わりにあの男性に届けてあげますよと言って、名前を教えてくれませんでした。守衛の男性は、そのお金を私に預けて下さいと言いました。

マチルダはすぐに名前を聞き出せなかったので、また上手く演技しました。守衛に対して、お金を渡すのを躊躇する素振りを見せます。

守衛の男性は、「私がお金をねこばばすると思っているのでしょう、そんなことはしませんよ」と話しました。

マチルダはまたうまい言い訳を考えました。それなら、後で手紙で彼にお金を送りますから、名前を教えてください、と話しました。

これで守衛が妥協し、マチルダに腐敗刑事の名前(ノーマンス・タンスフィールド)を教えました。

さらにマチルダは自宅に潜んでいた時に、盗み聞きした腐敗刑事の部屋番号が2702号室であることも、守衛に確認しました。

もちろん、守衛は「何で部屋番号まで知っているんですか」とマチルダに質問しました。マチルダは母のお店で聞いたと答えました。

人違いだと困るので、事前に分かっている情報を、すべて確認していくという姿勢です。これは現実の探偵業務の中でも非常に重要な方法です。

まとめ

尾行調査といっても、ただ黙々と黙って、追跡するだけではありません。対象者が急に車両で移動仕出して、タクシーを捕まえて尾行したり、勤務先に入ったところで、素早く知恵を働かして、同僚から名前を聞き出したりする必要があります。

そういう意味で、探偵には、いかに言い訳がうまくできるか、つまり、状況に応じた判断力と発想力が要求されるのです。経験によって、上達しますが、普段からそうした発想力を磨こうとする意識を持たなければなりません。

そういう発想力は、学校の勉強で身につくものではありません。普通の人が思いつかないことを思い付く能力を、自ら磨いていく努力を継続していくしかないのではないでしょうか。

調査のご依頼はJapan PIまで

Scroll to Top