アメリカでの経歴チェック

by Japan PI

アメリカ人やアメリカ在住者の身元や身辺調査

アメリカ人やアメリカに在住していた人物の採用、取引相手、交際相手等の信用度を確認する身辺調査・バックグラウンド調査をご希望ですか?

ハワイ支店を持ち、アメリカの身辺調査を専門に取り扱うJapan PIでは、日本語、日本円で、アメリカでの身辺調査に対応いたします。

アメリカでは、日本で個人情報とされる情報の多くは公開情報です。例えば、アメリカでは、個人の住所記録や裁判記録(民事・刑事)は一般公開が原則です。

また、アメリカでは、関係者の身辺調査を行うのが当然の義務(デューディリジェンス)という考え方があり、調査をするのが当たり前であるという文化背景があります。

当社の顧問弁護士等と協議しながら、最も効率的な調査プランをご提供します。当社は他社に比べ、法人関係の調査をより専門に扱っています。そのため訴訟へ発展した際、法廷で強力な証拠となる報告書を作成することができます。
Text sign showing Back Ground Checks. Conceptual photo looking up compiling criminal records for Organization Clips symbol idea script notice board text capital cardboard design

アメリカのバックグラウンド調査とは?

バックグラウンド調査とは、身分証番号の登録有無、年齢、住所履歴、親族情報、犯歴、訴訟歴、破産歴、税務滞納歴、運転歴、等の確認調査を指します。

アメリカでは、上記のような政府情報の多くが一般公開されています。

上記のような政府情報がことごとく、非公開とされている日本の相談者から想像もつかないことでしょう。

しかしながら、これが現実です。アメリカ人やアメリカ在住履歴のある人物の調査では、日本の常識にとらわれず、このバックグラウンド調査の手法を最大限に活用するべきです。

アメリカでの経歴チェック

アメリカバックグラウンド調査見本

アメリカ身辺調査のよくある質問

珍しい氏名なら、氏名だけでデータ登録を特定できる場合があります。しかし、基本的には、氏名・年齢・居住地域(州や都市名)がないと、対象人物の特定が困難です。

LinkedInやオンラインメディア等で自身の勤務先を公開している人物であれば、定形のバックグラウンド調査で勤務先の報告を行います。しかし、定形のバックグラウンド調査では、勤務先情報は必ずしも浮上しません。勤務先情報は、原則公開情報ではないので、個別の調査が必要な場合があります。

調査対象者の信用調査を指します。どちらかというと、犯歴や訴訟歴や破産歴等のネガてイヴな記録がないかを確認する調査です。西側の多くの国では、犯歴や訴訟歴が公開情報となっており、データベースでそれらを収集することが可能です。

専門家に相談する

Scroll to Top