Coverage from Norway Movie Crews

Japan PIはどのような業務をされていますか?

Japan PI は翻訳と探偵を融合させたバイリンガル探偵社です。国外や国内の外国顧客の調査案件を専門に取り扱っています。ほとんどの業務が渉外案件なので、他の調査会社が全く行わないユニークな業務も多くあります。

Japan PIは具体的にはどのような業務を多く行っていますか?

私たちはビジネス、リーガル、パーソナルの案件をそれぞれ扱っています。

ビジネス探偵調査

デューディリジェンス

私たちは米国企業からFCPAデューディリジェンスを頻繁に受注しています。FCPAは米国連邦法の腐敗防止法です。私達は、対象法人や役員個人の政政治・政府とのつながり、談合、贈収賄などの過去の不祥事、訴訟歴などを公開情報や情報源取材をもとにリサーチします。大手日本企業との取引やM&Aの場合は、その下請け会社や協力企業に対してまでデューデリジェンスが行われます。調査対象とされる法人の多くは防衛航空業界の商社、大手電気機器会社や、第三セクターの法人です。

知的財産権調査・市場調査

私たちは偽造品を販売している業者に対して覆面調査を行なったり、顧客のための代理購入を行ったりします。私たちは退職した社員へ取材したり、公開情報の分析をしたり、企業の将来性や問題点を調査することもあります。

保険調査

私達は国際的な保険会社の死亡確認の調査を多く扱います。私たちは病院の死亡診断書、死体検案書、葬儀証明書、火葬許可証明書、戸籍謄本、死亡記事等を取得したり、各関係機関の現地取材を行います。また私達は不正受給の可能性のある傷害保険の案件で行動調査を行います。

リーガル探偵調査

リーガル文書

日本で国際離婚後に再婚する顧客の案件で、私達は日本の役所から依頼者の為に離婚受理証明書を代理取得します。私達は証明書取得に必要な情報を調査します。英米等のコモンローの国(旧イギリス植民地等)では、出生・死亡・結婚・離婚証明が独立しています。その為、受理証明を取得する必要があります。また私達は日本滞在の外国人の為にFBIの犯罪履歴証明用の指紋採取も行います。私達は異文化の架け橋です。

裁判文書の送達

裁判所の特別送達が不成功に終わった場合の後始末として、私達は付郵便送達や公示送達の為の住居所調査にも力を入れています。これは、国民の裁判を受ける権利(憲法32条)を保護する為の活動です。

外国送達の私的送達の受注も限定的に行います。英米のコモンローに基づく国では、プロセスサービス(裁判文書送達)という制度があり、探偵業者または専門のプロセスサービス業者がこれを行います。因みに、日本は大陸法に基づく国です。それらのギャップを埋めるためにハーグ送達条約があります。

子供の親権問題

私達は、子供の親権や面接権を争う親の為に、子供の所在を判明させたり、子供の生育環境の調査を行います。日本政府は、子供の連れ去りのハーグ条約に調印しています。国際離婚における子供の連れ去り問題では、警察が捜査します。子供の親権の法的問題に関しては、私達は外国語対応の日本の弁護士の紹介を行っています。

-  供述調書

私たちは裁判のための供述調書作成も行います。自動車産業の談合や欠陥商品に関する集団訴訟のケースで、私達は、証人供述調書の作成に従事ました。また刑事弁護探偵調査のプロボノ活動として、アメリカの冤罪救済センター(Innocence Project)のために、私達は日本人の供述調書の作成を行いました。

パーソナル探偵調査

失われた親族・相続問題

私達は親族や相続人をよく探します。しかし、日本のプライバシー法は異常な程厳格です。また、日本には古代の東アジア特有の戸籍制度が世界で唯一残存しています。更に、過半数の外国顧客は日本人氏名の日本語表記や本籍を知りません。これらが日本で誰かを探すことを著しく困難にしています。

外国旅行者の不貞行為

北海道はアジア人旅行者のお気に入りの目的地です。不倫旅行者にとっても同じことです。アメリカやヨーロッパからの不倫旅行者は東京や大阪へのビジネス旅行に妾を同伴させます。また私たちは外国人の夫の為に日本に里帰りしている日本人妻の行動調査も行います。外国人観光客の増加に伴い、外国人不倫観光客も増加しています。

グローバル探偵調査

Japan PIはハワイに支店を持ち、翻訳通訳業務も行っています。また、CII、WADの国際的な探偵協会、ならびに、ACCJ(アメリカ商工会議所)に加盟しています。こうしたネットワークを通じて、日本の顧客のために、私達は、アメリカやその他あらゆる諸国で探偵調査委託することができます。

ところで小山さんはどのようにして英語を身につけたのですか?

私は留学や外国在住の経験は全くありません。私は、米軍放送、英字新聞、インターネットコンテンツで、英語を独学しました。私は1992年から日本で探偵業に従事しています。行動調査の中や移動中も、私は英語のラジオを聞ききます。私は日本語記事やテレビは出来る限り見ません。

それで小山さんはインターネットやITテクノロジーにも詳しいのですね。

インターネットがなければ、私は全く英語を学べません。そのことから、私はインターネットや公開情報を通じた情報収集(OSINT)にも興味を持ちました。現在も、翻訳アプリ・音声認識アプリなどのITテクノロジーがなければ、私たちは効率的な業務を遂行できません。私たちは英語の文法に近い形式で日本語を書きます。これが翻訳アプリによい仕事をさせる秘訣です。

Japan PIはハワイや大阪にも支店がありますね。

Japan PIの顧客の大半は外国顧客です。その為、ハワイ支店は米国顧客やその他外国との契約窓口です。米国には探偵業のライセンス制度があります。米国の顧客は探偵業者を信用します。従って、皮肉ですが、私達は、日本の顧客より米国の顧客と簡単に契約できます。

私達は、外国顧客からの日本での探偵ビジネスを独占しています。その為、探偵調査を行う地域は日本全国です。行動調査や現地取材調査でも、私達は、日本全国どの地域でも競争力のある価格と業界をリードする調査技術を提供しています。なぜなら、私達は、モバイル端末、遠隔監視ビデオ、タクシーアプリ、シェアカー、シェアサイクル、LCCエアライン、夜行バスなどを活用しているからです。