Johatus – 日本の消えゆく人々

Japan PI >> ブログ >> 人探し >> Johatus – 日本の消えゆく人々
vanishing

欧米諸国では、欧米の日本に関するメディア報道のおかげで、日本には世界よりも多くの行方不明者がいるという一般的な認識があります。

これは本当だろうか。 このトピックでは、このトピックについて説明します。

消えた:物語と写真で見る日本の「蒸発した人々」、フランスのジャーナリストによって書かれました

2016年9月に次の本が出版されて以来、日本は失踪者が多すぎることで広く知られるようになりました。

消えた者:物語と写真で見る日本の「蒸発した人々」

レナ・モージェ(フランスのジャーナリスト)によって書かれました

この本には次のように書かれています。

「毎年、10万人近くの日本人が跡形もなく姿を消しています。ジョハツ、または「蒸発した」として知られる彼らは、しばしば恥と絶望に駆り立てられ、失業、失望した家族、そして増え続ける借金を残します。」

多くの西洋のジャーナリストは、「消えた」という本に基づいてこのトピックをカバーしたいと考えています。 彼らは、私たちが多くの行方不明者の事件を扱っていると仮定して、この問題についてのインタビューのために私たちに連絡しました。

警察統計

警察の発表によると、2018年には約85,000人の行方不明者の報告がありました。

合計84,753件の行方不明者届が提出されました。 このうち、警察は72,949人の所在を確認しました。 合計3,833人の死亡が確認されました。 7,971件はその他でした。 行方不明者のほぼ半数(47%)が同じ日に発見されました。 行方不明者の所在の79.9パーセント。 79.8%は1週間以内に発見されました。

いわゆる失踪者数は約25,000人です。 その他には、認知症の行方不明の高齢者や10代の家出が含まれます。

2018年の行方不明者、警察庁(警察庁)

https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/fumei/H30yukuehumeisha_zuhyou.pdf

消えた人々の居場所

私たちの視点から、ジョハツ(意図的行方不明者)事件を調査する際には、次の項目を確認するようにしています。

  • 携帯電話の位置(警察だけがそれを行うことができます)
  • 防犯カメラ(CCTV)の映像(警察だけができる)
  • 被験者の携帯電話の通話履歴
  • パソコンの歴史
  • 銀行キャッシュカードの明細書
  • クレジットカードの明細書
  • 公共交通機関のICカード履歴
  • 収入
  • 同僚、知人、友人などへのお問い合わせ

ただし、携帯電話タワーの場所、携帯電話の履歴、キャッシュカードとクレジットカードの履歴、防犯カメラの映像など、ほとんどの手がかりにはPIがアクセスできません。 警察であっても、携帯電話、キャッシュカード、クレジットカードを使用していない場合、行方不明者を見つけることは困難です。

多くの場合、被験者が手がかりを残さないケースは拒否する必要があります。

それでも、一部のPIは、成功の可能性が低いことをクライアントに伝えずに、最善の努力からお金を稼いでいます。 このように、知識のないクライアントを利用するべきではありません。

日本の厳格なプライバシー法と昔ながらの市民文書システムにより、PIを雇うことは、特に意図的に姿を消した場合、行方不明者を見つけるための効果的なツールではありません。

行方不明の夫

たとえば、夫が行方不明になった場合、妻はPIを要求するのに十分なお金を持っていない可能性があります。 彼女に子供がいる場合、彼らは彼を見つけるのではなく、政府の福祉援助に行きます。 警察は何もしません、そしてPIを雇うことは成功を保証するものではありません。

自殺した人もいれば、建設現場や売春宿で働く人もいます。 数ヶ月で帰宅する人もいます。 したがって、人々はそれらを見つけるのが難しいので、それらを忘れようとします。

失踪宣言

日本の裁判所では、プロセスサービス関連の案件を手掛けることが多い。 日本で行方不明になった場合は、対象者の銀行口座を添付したり、行方不明者を見つける代わりに法定代理人を任命したりするなどの法的救済手続きを申請することをお勧めします。 法的手続きを申請するために、私たちはしばしば行方不明者の最後の既知の住所を調査し、何が起こったのかを裁判所に報告します。 私たちの目標は、その人を見つけることではなく、何が起こったのかを報告し、裁判所にその人を見つけることは不可能であると信じるように説得することです。

典型的なジョハツの事例

男性は女性よりも消える可能性が高いです。 消える主な理由は、職場関連の問題、うつ病、借金、駆け落ちです。

借金やうつ病で夫が行方不明になった(ジョハツ)女性のカップルは、#夫人の夫が行方不明になっているツイッターで検索すると見つかります。

それらのツイートによると、最大の関心事は、夫を見つけることなく離婚して安定した生活を再建する方法です。 法的救済を申請せずに行方不明者を見つけることができれば、これらの問題を解決するのは簡単です。 ただし、政府の権限がなければ、いくつかの例外を除いて、意図的に行方不明の人を見つけることは困難です。

親による子の誘拐

日本の母親は子供を誘拐することで有名です。 それは日本ではかなり頻繁に起こり、社会問題になりつつあります。 私たちはしばしばこの種のケースを処理します。

これはジョハツとは呼ばれません。 それは親の子の誘拐と呼ばれています。 ただし、それはジョハツと同じ語根に由来します。 母親は、父親から子供と一緒に姿を消すことから人生をやり直したいと思っています。 彼らは結婚問題に直面し、それらを乗り越えることによってそれらを解決しようとするのではなく、結婚問題から逃げることを選択します。

完璧な行方不明のマニュアル

1994年に出版されたパーフェクトミッシングマニュアルと呼ばれる伝説的な本があります。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%8C%E5%85%A8%E5%A4%B1%E8%B8%AA%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB

それは消えてゼロから新しい人生を始めるために必要なすべての知識とスキルを示しています。

しかし、それは28年前の本であり、その内容のほとんどは時代遅れです。

1992年のバブル崩壊直後の日本では、バブル期には贅沢な生活で多額の借金を抱える人が増えたため、ジョハツが多かった。

日本では他国よりも行方不明者が多い

日本には他国よりも失踪者が多いかもしれません。 同時に、社会は彼らが敗者であると考えて、彼らをあまり気にしません。 これらの敗者は、IDを提示せずに、建設業、売春宿、ナイトクラブ、または怪しげなビジネスで生き残ることができます。

青木ヶ原樹海で自殺する人もいるかもしれませんが、そこでは自分の体を見つけることはほとんど不可能です。 青木ヶ原 ( https://maps.app.goo.gl/7gu1vfgGhbChn7ps5 ). 他の人はホームレスになるかもしれません。

行方不明者から利益を得る企業

一部のPIや怪しげな引越し会社は 状況を利用して、行方不明者を見つけたり、深夜に引っ越しを手伝ったりしてお金を稼いでいます。

先に述べたように、場合によっては、PIの採用はまったく機能しません。 ジョハツを手伝っている引越し業者は、特別なことは何もしていません。 彼らは夜間に引っ越しをするので、居住者(引越し業者の顧客)が引っ越したことに誰も気付かないようにします。

関連する記事

人探しのご相談はJapan PIまで

Scroll to Top